花組『はいからさんが通る』10月11日(水)16時の回を観てまいりました。

 最初から最後まで、ずーっとワクワク&ドキドキ。
極上のエンターティンメント作品を観せてもらいました。

あの大河ロマン長編マンガを、2時間5分にまとめた小柳奈穂子先生。
すごすぎる…!
改めて、小柳先生の腕を見せつけて頂きました。

ネタバレするかもしれないので、まだ知りたくない方はご注意下さい。
…と書いたものの、この記事ではネタバレまで辿り着けませんでした。


★キャラクター再現率

登場人物の再現率の高さに脱帽…!
ビジュアル、その人らしさ、美しさ。

雪組『るろうに剣心』に匹敵するレベルでした。


★リピートしたくなる舞台

テンポ良く進むストーリーは、とっても分かりやすい。
仮に説明台詞が聴き取れずとも、話についていけそうな。

演出も、メリハリを効かせてて。
日本語がわからなくても、見てるだけで、なんとなく話がわかるんじゃないかな。
そんな気がします。

そして何より、とても楽しく、あっちもこっちも見たくて、目が足りません。

キャスト・脚本・演出が三位一体となり、何度でも観たくなる舞台に仕上がっています。


★ジェンヌさん、大挙観劇

今日は水曜。
大劇場公演中の星組生がたくさん来てました。
月組生、雪組生もいたとか。

(見えてないんかい)
(…や、目には映ってたんだけどね?)
(…というのも)

私の少し前に、かいちゃん(七海ひろき)が着席。
おかげさまで、ギュンッ!と意識を持ってかれました。

大股で爽やかに移動し、笑顔で隣席に話しかける七海さん。
リアル・イケメンでした。
 
多数のジェンヌさんが観劇する中、センターブロック前方に座ったのは七海さんだけ。
他のジェンヌさんは、ほぼ上手側に。

下手側のある男役さんは、娘役さんをエスコート。
それはそれで、目を惹きました。
(かいちゃんの教えが生きてる?)

『はいからさんが通る』の感想つづきます。
キャストについて触れないとね。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
AD