今季のインフルエンザは、異例の早さで流行し始めています。9月15日までの1週間で流行の目安となる1医療機関あたりの患者数1.0人以上が、石川県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県の7県にのぼり、22日には東京都も流行期入りしました。インフルエンザの感染と重症化のリスクを下げるワクチン接種も早めに行う必要があります。

 

例年より2ヵ月ほど早い流行

 

インフルエンザは例年なら12月頃に流行期入りしているので、今シーズンは2ヵ月ほど早いようです。

 

 

ワクチンの効果持続期間は?

ワクチンをあまり早く接種すると、効き目が切れるのも早くなるのではないかと心配する声もあります。「ワクチンの効果持続期間は5ヵ月といわれています。例年なら12月中旬にワクチン接種がピークを迎えるので効果持続期間を気にする必要はなかったのですが、インフルエンザの流行が半年を超えると心配になるかもしれません」(同)しかし、ワクチンの効果持続期間が過ぎてもゼロになるわけではないので、流行期に入る前に接種したほうがよいでしょう。

 

 

当院でもインフルエンザワクチン予約を開始しました

 

10月2日よりお電話によるインフルエンザ予防接種予約を開始しました。

ご不明な点は受付までご相談ください。

 

<インフルエンザワクチン料金>

料金:6ヶ月~3歳未満 1900円×2回(税込)接種間隔2週間以上あけて2回
   3歳~13歳未満 3700円×2回(税込)接種間隔2週間以上あけて2回
   13歳~  3700円×1回(税込)


※区の助成の受付は行っておりません。
完全予約制になりますので、ご希望の方は必ずご予約をお願いします。
詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。 

 

*生後6ヶ月~1歳未満で、保育所などの集団生活を送っているため予防接種をご希望のお子さんに関しましては

卵が添加されている食材を何度か摂取し、アレルギー症状のないことが確認されているようであれば

ご相談の上接種可能としております。

受付にご相談ください。

*卵アレルギーのある方は摂取をお勧めしておりません。

 

 お問い合わせ 03-6425-8858 お気軽にどうぞ