心不全

 

心不全とは、ポンプ失調です。

♡ 心不全は、どういう病気ですか?

心臓は全身に血液を送り出すポンプとして一日中、休むことなく働いています。心不全とは、『心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気』と定義されています。一概に心不全と言っても、原因や自覚症状は人によって様々です。

♡ 心不全は、どういう原因で起きますか?

心臓の筋肉を養っている血管(冠動脈)が詰まってしまう心筋梗塞や狭心症、動脈硬化や塩分の摂り過ぎなどが原因の高血圧、心臓の部屋を分けている逆流防止弁が障害される弁膜症、心臓の筋肉に異常が起こる心筋症、拍動のリズムが異常になる不整脈、先天的な心臓の病気など様々な疾患が原因となって生じます。

 

♡ こんな場合は当院の心臓専門医にご相談ください

  • 血圧が高い
  • 胸が痛い
  • 胸が締めつけられることがある
  • 歩くと胸が苦しくなり、休むと軽くなる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、鼓動を強く感じる)
  • 脈が乱れる・飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になった時)
  • 以前よりも動いたとき息切れが気になる
  • 失神した(気を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など