インフルエンザ罹患者がまだまだ増加中です。

当院もワクチン残りわずかですが、まだの方はお急ぎください。

 

以下、朝日新聞Digital

 

 

インフルエンザの大流行が続いている。厚生労働省は1日、全国約5千カ所の定点医療機関から報告された最新の1週間(1月21~27日)の患者数が、1カ所あたり、57・09人だったと発表した。前週(53・91人)からさらに増え、現在の調査方法になった1999年以降で最多を更新した。

 厚労省によると、全国の推計患者数は約222万6千人で、前週から約9万6千人増えた。年齢別では5~9歳が約41万1千人と最も多く、10~14歳も約29万人に上った。従来の推計方法は患者数が実態より多くなる可能性があったため、今季から変更された。

 定点1医療機関あたりの患者数は、全都道府県で「警報」レベルの30人を超えた。都道府県別では、埼玉が最も多く84・09人。次いで、新潟77・70人、千葉73・00人、宮城69・81人、神奈川67・94人と続く。東京は64・18人、愛知は61・82人、大阪は47・99人、福岡62・70人だった。

 休校や学年・学級閉鎖をした保育所や幼稚園、小中高校は全国で8928施設と、前週(6343施設)からさらに増えた。

 ウイルスのタイプは直近の5週間では、2009年に新型として流行したA型のH1N1が50%、A香港型が49%を占めた。

 厚労省は「手洗いやせきエチケット、人混みを避けるといった対策とともに、具合が悪ければ安静にして早めに医療機関を受診してほしい」と注意を呼びかけている。(土肥修一)

型に違い、複数回感染の恐れも

 今季のウイルスは09年に新型として流行したA型のH1N1とともに、A香港型が年明けごろから増えている。賀来満夫・東北大教授(感染制御学)は「例年はどちらか一方のウイルスが流行することが多いが、今年はA型が2種類同時に流行している」と指摘する。

 複数のウイルスが流行しているため、同時期に複数回、インフルエンザに感染する恐れもある。一度感染して快復しても、引き続き対策が欠かせない。特に、A香港型は高齢者で重症化しやすいとされており、注意が必要だ。

 インフルエンザは、主にせきやくしゃみのしぶきを通して感染する。厚労省は予防法として、▽外出後の手洗い▽マスクの着用▽室内を適度な湿度に保つ▽十分な休養とバランスのとれた栄養をとる▽人混みへの外出を控える――などの対策を呼びかけている。

 賀来教授は無意識に手で鼻や口を触らないことも大切とし、「家庭、学校、職場、施設で、こまめな手洗いやマスクの着用、換気といった対策が徹底されているかもう一度確認してほしい」と話す。

 治療薬では、昨年3月に錠剤を1回のむだけでよいゾフルーザが発売された。一方、国立感染症研究所は先月、使った患者から治療薬に耐性をもつ変異ウイルスが検出されたと発表した。