子どもたちの命のために私たちができること | 【福山】赤ちゃんの生きる力を引き出すベビーバランスケア®︎ ママと赤ちゃんの癒しの館 ベビーケアハウスhonoka

【福山】赤ちゃんの生きる力を引き出すベビーバランスケア®︎ ママと赤ちゃんの癒しの館 ベビーケアハウスhonoka

赤ちゃん発達相談や0歳からの脳の発達を促すベビーバランスケア(ベビマ・ベビヨガ・キッズ)クラス・子育て講座・ベビーバランスケア®︎講座など開催中 / 福山・府中・三原・笠岡


テーマ:

ベビーケアハウスhonoka ちほみです。

 

昨日は、スタッフ研修も兼ねて

MFAJAPN チャイルドケアプラス講座を開催いたしました。

 

講師は広島YMCA野外教育センター

センター長 林健児郎さん

 

 

救急法はもちろんですが、若いころから

一人外国旅をしたり、日本を自転車で縦断したりと

様々な人生経験をお持ちの林さん

 

休憩時間に聞く林さんのお話が

「へぇ~~~」爆  笑

「ほぉ~~~」びっくり

と面白いものばかり!

 

9時から18時までと長時間の講座でしたが、

林さんのお人柄と脱線した面白いお話のおかげで

みんななんとか持ち堪えられました。

 

 

窓際に整列されているゲストの方々(笑)

 

 

テンポよく講習が進んでいきます。

 

心肺蘇生法、実際にやってみるとかなり体力が必要!

 

 

乳児さんにもやってみます。

 

窒息へのアプローチ

 

止血のために巻いた包帯

手袋があればいいけれど、ない場合を設定して

なかなか難しい!

 

 

実際にAEDやエピペンのレクチャーもしました。 

 

*画像はお借りしました。


 

0歳児の保育士さんが、保育所にも一人

エピペンを持参しているお子さんがいて

保育所でも講習したけど、実際に触ることができなかったから

今回レクチャーを受けることができてすごく良かったと

言ってくださいました。

 

今年度から保育指針が改訂され

アレルギー対応、災害時の対応について

明確に記載されています。

林先生も、それらについての講演依頼が

増えていると言われていました。

 

 

 

 

事故を未然に防ぐことは大事ですが、

全ての事故を防ぐことはできません。

災害となるとなおさらです。

 

救急隊が到着するまでの10分余りに

私たちが子どもの命を守るためにできること

とても良い学びになりました。




 

 

honokaのクラス、おでかけ支援での

危機管理に活かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんの生きる力を引き出す!ベビーケアハウスhonokaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス