グルメクラブInternationalブログ

ようこそお越し下さいました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?



今回は ロンドン郊外

Kingston-upon-Thamesの

コージーカフェ、

Fortunella Cafe をご紹介致します。


ロンドンより愛を込めてハートラブラブピンクハートラブラブ



ロンドン中心部を離れ、

Kingston-upon-Thamesに

来ております。


仕事とはいえ、

たまには小旅行

良いものですね。

また違った

風情を味わえます…



…とか言って

電車で超すぐ

なんだけどー!


東京23区外みたいな感じです。



セレブ

ぶって

ごめーん!

口笛口笛口笛



キングストンは

若かりし

エリック・クラプトンが、

バスキング(※許可を取って路上で

演奏をしてお賽銭的にお金をいただく)を

していた街です。

クラプトンファンは

是非一度おいで

くださいまし。





学生街なので若者も多く、なぜか

スケボーキッズも多いこの街。

今回はニュージーランド産の

フレッシュな豆でコーヒーを

淹れてくださるという、

Fortunella Cafeにお邪魔しました。


実はここ、以前も一度伺った

ことがあるのですが、

その日は急な辺り一帯の停電で

カフェをクローズせざるを

得なくなり、お店の

ドアを開けるや否や

退店を促されるという

不運に見舞われまして…

(※カフェの皆様は急なトラブル

にも関わらず、とても温かく

ご対応して下さいました。)



ようやく訪れた

リベンジマッチの

機会です。





中はこんな感じ。


{21A133E3-EF47-4530-9CB1-626E2D7965A2}


コテージ風の温かみのある

可愛らしい内装です。ラブラブ

今回はこちらをオーダーしました。

{146D382A-0316-4699-9D1B-6DBB8B316FFF}

{CAA8216F-7D52-4216-8897-EF9F5CF0436A}

眠気覚ましのラテと、プラムのパイです。
二つでイートイン£6.65(約997円)

パイは甘すぎず、程よい酸味と
シナモンの香りが懐かしい味。
生地もほろほろしていて
とっても美味しい❤️💕

コーヒーも噂にたがわず
コクがあって美味しかったです。

今日はミーティングや下見の
後、スケジュール管理や
領収書整理などの細々した
普段あんまりやりたくない
仕事をちゃちゃっと
やっちゃわないといけなかった
のですが、
ここマジ
仕事捗る。


雰囲気はいいし、店員さんは
美人揃いで皆優しくて
フレンドリーだし、
何しろ急かされない。

ノマドワーカー、学生さん、
何やら打ち合わせをしているっぽい
ビジネスマンの方々が
多かったのも納得。

外のテラス席はお子様連れの
方々が多かったです。

今日は娘のお迎えまで
ちょっと時間があったので、
近隣エリアをお散歩してから
帰りました。


リベンジマッチ、
大勝利。


ならびに別のおしゃカフェや
可愛いケーキ屋さんもあったので、
今度はお天気の良い日に
娘とおやつを買いに来たいです。


いい日、
旅立ち。






ニコニコここまでお目通し戴き、

誠にありがとうございました。ニコニコ






海外食べ歩きランキングへ

AD