過去問は、しっかりとテーマ検索を | 思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

伊藤塾行政書士試験科で講師をしている平林勉のブログ。合格後資格を通してどのような生き方があるのかを日々模索中!
「思考」と「体系」を武器に法律の世界をひも解いていく。今までに類をみない最強の講義をご提供いたします!!

過去問を解くうえで、重要なことは「テーマ検索」です。

端的に言えば、当該過去問の選択肢が聞いているテーマをきちんと思い出し、そこから丁寧に記憶を呼び起こす。

その上で、あてはめて解答する。

 

具体的にみていきましょう。

 

審査請求の裁決をした行政庁は、それが国または公共団体に所属する場合であっても、当該裁決の取消訴訟において被告となる。(R1-18-3)

 

問題を読んだ時に、まず把握すべきは、「出題テーマ」。つまり、出題項目です。

テキストの内容を思い出して、どこの項目に関することが聞かれているのかを把握することが大事だということです。

 

審査請求の裁決をした行政庁は、それが国または公共団体に所属する場合であっても、当該裁決の取消訴訟において被告となる。(R1-18-3)

 

すると、上記の問題は、「被告」という言葉が使われていることから、

 

「あ、これは行政事件訴訟法の問題の中でも、被告適格に関することを聞いている問題だ。」

 

このように、出題項目が、「被告適格」であることを宣言することができるように訓練すること。

これが、過去問学習の鉄則です。

 

ここから、被告適格に関す記憶を呼び起こします。

ほとんどの方は、ここで「行政主体主義」ということを思い出すはずです。

 

すると、本問は、「行政主体」と被告としないことになっているため、誤りであると判断することになります。

 

要は

 

「何が問われているのかを宣言することができるか。」

 

これを試してみて欲しいということです。

 

ここからは蛇足です。

去年度受験した試験において、自分にとって未知な領域は、「刑事訴訟法」と「宅建業法」でした。

刑事訴訟法については、勉強時間をどうしても確保しきれず、過去問(240問程度)を何回も読み込んでキーワードを把握する。キーワードから問われている条文・判例を呼び起こす訓練までしかいけませんでした。

 

テキストに戻って、当該項目において思い出すべきことは何か。つまり、出題項目の知識整理が十分に行えていなかったのです。その結果、個々の知識は断片的なものにとどまり、少し違う角度から問われると何が聞かれているのかがよく分からなくなってしまいました。結果として、14/30点というふがいない結果に。

 

これに対して、宅建業法は、過去問(200問程度)を繰り返し読み込み、上記と同じことを終える。

その上で、

基本テキストの項目をしっかりと確認して、当該項目を見ただけで、

 

「どのようなことを思い出していくべきか。」

「どんなことが過去問で問われたか。

「どういうひっかけがあったのか。」

 

ということまで学習し、しっかりと訓練しました。

結果的に、19/20点を獲得することができました。

 

このことからも、問題を解くうえで、出題されている「項目」を宣言出来ること。

また、当該項目から思い出すべきことを確定させること。

 

これが重要であることが分かります。

 

今年も、自分自身で受験をしてみて、学習法へと還元していきたいと思います。

お互い、頑張っていきましょう。

 


んー、新年の日向ぼっこはよかね。の図。

ぜひ、のんびり過ごして欲しいなと。