あと少しです | 思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~
新型コロナウイルスに関する情報について

思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

伊藤塾行政書士試験科で講師をしている平林勉のブログ。合格後資格を通してどのような生き方があるのかを日々模索中!
「思考」と「体系」を武器に法律の世界をひも解いていく。今までに類をみない最強の講義をご提供いたします!!

 【お知らせ】

2018年度合格目標 行政書士試験対策講座

① 直前学習のペースメイク&2018年度行政書士試験出題予想の決定版!

② 本試験前日ファイナルチェック講義

 

2019年度合格目標 行政書士試験対策講座

① Web一括配信コース

② 2019年度版行政書士合格講座

 

2019年度合格目標の行政書士合格講座が10月に開講しました。今度の開講は11月です。

11/20(火) 14:00~17:00 in伊藤塾東京校

→ 当日は、予約不要で無料体験受講が出来ます。お気軽に校舎にお越しください。

また、以下の日程で、伊藤塾東京校にて講座説明会を行います。

11/16(金)14:00~15:30

→ 何か、疑問点やご相談などがあれば、伊藤塾東京校(03-3780-1717)までお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

本試験は、特別な儀式ではありません。あくまでも、今までの学習の延長線上にあります。

今までの学習の総括をしっかりと行いましょう。

 

本試験に1位で合格してやる!という気持ちは、本試験日までもつ必要があります。

しかし、本試験が始まったら、この1年で勉強したものを丁寧に置いていくこと。これに集中しましょう。

出来ることはしっかりとやる。出来ないことは、背伸びしない。知らないのなら無理をしないことです。

等身大の自分の力を発揮することが重要なのです。

 

ここが踏ん張りどころです。

どうか心を折らずに、踏ん張ってほしいと思います。

 

会社の本店の所在地は,設立する際の定款で定めなければならない。(司法H24-37)

 

定款の絶対的記載事項は、必ず確認しておきましょう。去年や一昨年の出題レベルなら、この辺りが危なそうです。記載事項は、目的・商号・本店の所在地・発起人の氏名等・設立に際して出資される財産の価額等・発行可能株式総数でした。したがって、本問は正しいです。

 

会社の公告方法は,設立する際の定款で定めなければならない。(司法H24-37)

 

公告方法は、上記に特に定めがありません。したがって、本問は誤りです。



テヘからの


ペロっの図です。
みんな頑張っているみたいだよ。少し癒してあげてね。

 

~~~~~~~

学習方法全般・行政書士試験・司法書士試験に関する記事をまとめました!

興味があるところから、ぜひ読んでみてください!

☆ 学習方法全般のまとめ記事

☆ 行政書士試験のまとめ記事

☆ 司法書士試験のまとめ記事

 

学習上の不安などを直接相談したい!ということであれば、ぜひカウンセリングをご利用ください!

→ カウンセリングの詳細はこちら