ここから最終模試まで | 思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

伊藤塾行政書士試験科で講師をしている平林勉のブログ。合格後資格を通してどのような生き方があるのかを日々模索中!
「思考」と「体系」を武器に法律の世界をひも解いていく。今までに類をみない最強の講義をご提供いたします!!


テーマ:

 【お知らせ】

2018年度合格目標 行政書士試験対策講座

① 行政書士スピードマスター講座(司法書士試験受験生向け)

② 直前学習のペースメイク&2018年度行政書士試験出題予想の決定版!

③ 民法集中特訓ゼミ~大阪梅田校~

④ 民法集中特訓ゼミ~東京校~

⑤ 2018年行政書士試験対策 全国公開模擬試験

 

2019年度合格目標 行政書士試験対策講座

① Web一括配信コース

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中間模試の復習を終えたら、すぐに最終模試へ向けて走り出しましょう。

今回は、一般的なスケジュール案を提示しておきたいと思います。環境に応じて可処分時間などが異なるとは思いますが、その辺りは適宜改変をしてみてください。

 

まず、9月中にもう一度全科目の全回転を行いましょう。

2週間ほどで1回転をすることを心がけます。

(厳しいという方は、10月の第1週目まで伸ばして頂いて大丈夫です。)

 

これを終えたら、どうしても覚えられないものを1週間で潰します。

(10月1日~10月13日の間で出来ると良い。)

 

最終模試前の1週間では、前半で重要論点の覚え込みを行います。

その上で、直前暗記モノを一気にやっつけます。

 

全科目を回転 → なお覚えきれていない部分をもう1回転 → 重要論点の覚え込みと直前暗記

 

これが、1か月のミッションです。

全て、今まで使用したテキストを違う角度から見ていくということになりますが、重要論点の覚え込みについては、厳選600肢スピードチェックテキストや必修項目115を併用するのもありです。

 

 

こういう教材を、最後に覚え込むことは非常に有用です。重要論点の暗記を段違いに行っておくと、本試験において反射的に解答できることも多くなってくるはずです。

 

日々不安なことも多いと思いますし、気が休まらないということもあるかと思います。

これを少しでも緩和するためには、適切なスケジュールを立てて、それを淡々と1日ずつ潰していくことしかありません。

 

とにかく淡々と勉強を。一気呵成に攻める必要はありません。淡々と勉強をしましょう。

~~~~~~~~~~

学習方法全般・行政書士試験・司法書士試験に関する記事をまとめました!

興味があるところから、ぜひ読んでみてください!

☆ 学習方法全般のまとめ記事

☆ 行政書士試験のまとめ記事

☆ 司法書士試験のまとめ記事

 

学習上の不安などを直接相談したい!ということであれば、ぜひカウンセリングをご利用ください!

→ カウンセリングの詳細はこちら

ヒラバさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス