記述式の採点次第の方の過ごし方 | 思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~

伊藤塾行政書士試験科で講師をしている平林勉のブログ。合格後資格を通してどのような生き方があるのかを日々模索中!
「思考」と「体系」を武器に法律の世界をひも解いていく。今までに類をみない最強の講義をご提供いたします!!


テーマ:

2018年度合格目標 行政書士試験 択一式対策講座

① 講座の無料体験が出来ます。詳細はこちらから。

② 中上級者のための学習の方法論。詳細はこちらから。

③ 各講座のレベルを体感。詳細はこちらから。

 

2017年度行政書士本試験分析会

→ 詳細はこちらから。

 

会社法集中講義

合格発表までに、会社法を深く学んでみませんか。詳細はこちらから。

 



あらためて、本試験お疲れさまでした。

巷では、記述式の採点基準が辛くなるのではないか、という推測が広がっているようです。推測自体意味はないのですが、無意味だから推測しない!という気持ちにも普通はなれないと思います。実際どうなるかは、本当に分かりません。


もっとも、平均点が高かった年度においても、キーワードをきちっと書いていれば、部分点はしっかりとついていました。何かミスがあればすぐに0点確定とか、そういうわけではなかったという事実は、もう一度確認しておいて欲しいと思います。このくらいしか言えなくて、すみません。



さて、タイトルの件です。


記述式の採点次第だという方は、合格発表まで、なんとも言えない気持ちになります。1日レベルではなく、1時間単位で気持ちが乱高下することもしばらくは続くはずです。


これ自体はしょうがないことなので、本当に無理をする必要はありません。無理なら休めばいい。そういう時期です。


とはいえ、色々と動いている方が気が楽だ。

そういう方もいらっしゃいます。そこで、記述式の採点次第だという方が、この時期にどういうことをしておくのか。ここについて、簡単に書いておこうと思います。


あり得る動きは、次のとおりです。


① ダメだと思っておき、勉強を再開する

② 家族法や会社法、改正民法の勉強をする

③ 実務講座やネクストライセンス講座(司法書士など)の無料公開講座に参加する


①は、自分の中で可能性が低いな…という感覚がないと普通は無理です。頑張ってきた度合いが強ければ強いほど、この選択が難しい。だから、無理して受験勉強をする必要はないですよ。

逆に、悔しい!来年絶対にトップで受かってやるからな!くらいの感情がこみ上げてきたなら、素直に始めても大丈夫です。



そこで、②の登場。というイメージです。

受験勉強では、どうしてもモチベーションが上がらす、どうにもやる気が出ない。やはり、結果発表を見るまでは…。こんな気持ちになる方も多いです。

この場合、今後役に立つ知識を、受験勉強という枠組みから超えて勉強をしてみましょう。毎年お勧めしているのが、家族法と会社法の勉強です。この2つの知識は、あっても意味がないということがほとんどありません。受験においても、実務においても、必ず役に立つものです。発表まで2か月半ありますから、時間も十分です。

また、改正民法の勉強をしてみるのもありです。現行法との比較をして説明してくれる書籍が多いですから、現行法の理解も深まると思います。



最後に、③です。

こちらは、準備運動というかランニングというか。何かに全力で走る体力がないなら、休む。これが鉄則ですが、気持ちが切れてしまうのも嫌だ。この場合、能動的に勉強することが難しいのですから、無料公開講座といったようなものに参加して、刺激をもらう。少し受け身の勉強をするのが一番です。

2週間に1回くらいは、何かしらの講座はあったりしますから、気軽に参加していくというイメージです。



少し長くなりましたが、こんなところになるかなと思います。何か、参考になるものがあれば。


それでは、引き続き分析会の準備に戻りたいと思います。

ヒラバさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス