湿度とマスクと家庭菜園 | GOUJIのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

GOUJIのブログ

日々のメモ

湿度とマスクと家庭菜園

2020年2月9日、今年は、暖冬なのか、寒冬なのか、よくわかりませんが、暖かくなったり、寒くなったりして、風邪をひきやすい季節ですね。
もう、花粉症や大陸から風がふいてpm.25や黄砂の時期ですね。

毎年、この季節になるとマスクをした人が多かったですね。
僕も花粉症なので、外に出る時はマスクをする事が多くて、夏場にホームセンターでマスクを60枚入りを一箱買っていて、時々、外に出る時はマスクをつけてます。
60枚では足りないと思って、100円ショップ、ダイソーで30枚入りのマスクを買いました。

風邪をひきやすい僕は濡れたタオルを一枚、カーテンレールにかけてます。
湿度計が、お肌とインフルエンザをしめしてます。
濡れたタオルでは、湿度計が動かないけど、「まぁいいか」と思ってます。
乾燥して、のどが痛い時はマスクをして治します。
母が料理をすると湿度計が、快適になります。

家の庭では、白菜、きゃべつ、ブロッコリー、春菊、水菜などたくさんの野菜を植えて収穫しています。
野菜は鍋物、漬物、味噌汁、サラダなど、飽きるほど食卓に並びます。
ブロッコリーは、毎年、植えすぎて、親戚のところに配ってます。
農家ではありませんので、家庭菜園では、いろんな野菜を食べられる分だけ植えた方がいいですね。
今年は、耕していない畑に母が違う品種の高菜植えたので、冬なのに暖冬のせいか、虫がついてしまいました。
薬を使いたくないので母がすべて抜くと言って抜いてしまいました。









キャベツの外葉は、毎年、渡り鳥の小鳥が食べます。
もう少しすると、100円ショップ、ダイソーに種が並ぶでしょう。
今年はどんな野菜や花が並ぶでしょうか。



山口県ランキング