新成人と議会との懇談会 | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 昨日(3月8日)午後4時より新成人と議会との懇談会を開催致しました。

 

 昨年は成人式実行委員会を中心に14人(欠席1名)の新成人の方々のご参加がありましたが、今回は2名のお申し込みがありましたが、お一人が日程の都合がつかないとのご連絡があり、奥村さんのみのご参加となりました。

 

新成人の奥村さんに議場を案内する私・後藤

 

 奥村さんは現在、京都にある大学の2年生。今回、地方都市のあるべき姿、日野町の未来について正副議会議長、各常任委員長と意見を交わしていただきました。

 

日野町の活性化について熱い思いを語る奥村さん

 

 奥村さんは若者の斬新な目線で、近江鉄道の第三セクター化も視野に入れた利用率向上策、町内の中心地にある旧平和堂日野店跡地のバスターミナル化、道路や公共交通機関を中心とした既存インフラの再整備等を提案され、私たち議員も大きな刺激を受けました。

 

意見交換する中西佳子・産業建設常任委員長

 

道路インフラ整備に関する意見に答える東正幸・厚生常任委員長

 

ジェスチャーを交えながら意見交換する冨田幸・総務常任委員長

 

バスターミナル設置の意見に大きく頷き笑顔がこぼれる蒲生行正・副議長

 

若い議員がこの町を変えていく事の必要性を説く杉浦和人・議長

 

進行役の山添昭男・議会事務局長

 

 今回の懇談会で奥村さんから伺った日野町の活性化に対する意見は、目から鱗が落ちるような斬新なものが多く、その一つ一つを四国や北陸地方に赴いて事例の研究までしておられ、内容のみならず、その姿勢についても私たち議員が見習うべきことが多くありました。

 

若い人の斬新な意見に感服の議員一同

 

 これからのまちづくりは、奥村さんのような若い方の感覚と行動力が絶対不可欠と強く感じると同時に、議員報酬や議会の会期日時など、若い方が議員を目指せる環境づくりが急務であることを実感させていただく事が出来ました。

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ