日野町奥之池の盆梅展 | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 昨日夕方、日野町奥之池区で毎年恒例の盆梅展にご招待いただき、山田議員、堀江議員とお邪魔して美味しいものをたくさんいただいてきました。

 

集落内外の方が手塩に掛けた盆梅が展示されています

 

 奥之池区はとても小さな集落ですが、それを活かして色んな集まりや行事を開催して、区民全体が家族のように暮らしておられます。

 

左は阪神大震災の後、神戸市から日野町内に移住された横井さん

右のお二人は小野の浦田さんご夫婦。ご主人はボリビア人のミゲルさん

 

私が日野に移住した当初からお世話になっている奥之池の方々

左端は東桜谷公民館の管理人さん、右端は東桜谷区長会の事務局長さん

 

奥でお食事中のご夫婦は九州から奥之池に移住してこられた宝亀さんご夫妻

宝亀さんご夫妻は散髪屋さんを営んでおられます。1回1,000円!

 

右から2人目は日野町民会館わたむきホール虹内のティールーム・レインボーのマスター

 

私の隣は同じ東桜谷地区の堀江和博議員

地区内の行事にはできるだけ2人で一緒に参加させていただいています

 

 昨今、高齢化というと悪いことのように決めつけた論調が目立ちますが、長生きされる方が増えることは間違いなく良いことです。

 限界集落などという声も聞こえてきますが、いくつになっても楽しく暮らせる地域を作っていくことも、高齢化問題に対する一つの答えだと思います。

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ