近江日野交流ネットワークの定時総会 | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 昨日午後、日野町民会館わたむきホール虹ふれあいホール(小ホール)にて、日野町内での農林漁家生活体験の受け入れを事業として行っている「一般社団法人・近江日野交流ネットワーク」の定時総会が開催されました。

 

(一社)近江日野交流ネットワーク理事長の藤澤政男氏

 

 我が家も7年前から農家体験の受け入れ家庭を務めており、多い時には年間に100人以上の子どもたちの農泊を受け入れています。

 

 平成30年度の受け入れ人数は全体で3,431人(5,054人泊)と過去最高になりましたが、来年度はさらにこの人数を上回りそうです。

 

藤澤町長の来賓挨拶

 

杉浦日野町議会議長の来賓挨拶

 

総会議長の堀秀治氏

 

古道紀美子副理事長

 

 また、海外誘客(インバウンド)も10団体392人(430人泊)と過去最高の受け入れ人数となりました。

 

 近江日野交流ネットワークでは、豊かな自然と伝統文化が息づく日野町の地域資源を活かしながら、近江商人の三方良しの教えに倣い、ほんものの体験を通した交流で心からの感動を伝え、都市と農村との交流で人が輝くそれぞれの地域の活性化に寄与していくことを目標として活動しています。

 

 

 日野町内にお住いの皆さま、全国の子どもたちに日野の素晴らしさや地域の暮らしを体験してもらうため、ぜひ受け入れ家庭にご参加ください!

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ