豚コレラに関連し日野町内の畜産技術振興センター内に埋却される殺処分された豚について | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 愛知県内から滋賀県近江八幡市の養豚場に搬入された57頭の豚のうち、検査を受けた12検体全てから豚コレラの陽性反応が出たことを受け、同養豚場で飼育されている692頭の豚に対して殺処分を行うことが決定し、県は昨日6日の朝7時から現地にて対応を始めておりますが、当該養豚場が琵琶湖畔に位置するため、殺処分された豚を埋めることができません。

 

 この事態に対応するため、昨日午前10時より日野町議会では、中西産業建設常任委員長、同副委員長である私・後藤、また谷議員をはじめ地元議員も加わった緊急会議が開催され、正副町長、総務政策主幹、県、獣医からの説明を受けました。


 その結果、町内山本地先にある県の畜産技術振興センター内の土地に、十分に安全性を確保した上で埋設処理することに決まりました。

6日の午後から昼夜を通して、2〜3日は殺処分された豚を積んだトラックが鳥居平石原線などを通行すると思われますが、積載内容物が見えないように袋に入っております。

 なお、豚コレラは人に感染する恐れは全く無く、人体には無害とのことですので、その点についてはご安心ください。

 一日も早い事態終息に向け、行政・議会共に最善を尽くす所存でございますので、皆さまのご理解とご協力をお願い致します。

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス