平成30年12月定例会、質疑と一般質問に立ちました | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 

 本日9時5分より日野町議会平成30年12月定例会2日目が開催され、午前中に質疑、午後は一般質問に登壇しました。

 

 午前中の日程では、まず議案に対する質疑が行われ、堀江議員に次ぎ2番目に登壇しました。質疑内容は2つ。まず一般会計補正予算(第4号)の台風21号による被害復旧支援の補助金についてです。昨年の豪雪時に被災し、その時の補助金の大部分を受領して復旧作業を行った事業者が、今回も補助金のほとんどを受領して復旧作業を行う点について質しました。次に、町立図書館の高圧気中開閉器の交換作業を行った際に行った電気設備の点検にて、「要修理」の項目がたくさんあったことについて。築30年になる建物だけに、そろそろ長寿命化対策等も考えていく必要があると思いますが、その点について質しました。

 

 続いて奥台、大池小池、清田の財産区管理会における財産区管理委員の選任に関する採決が行われ、各財産区管理委員とも全員一致にて採択されました。

 午後1時半から始まった一般質問では、山田議員、奥平議員に続いて3番目で登壇し、次の2項目について約1時間45分間にわたり町行政の姿勢を質しました。

 

  1. 日野町における農業の今後について
  2. 人口減少社会における都市計画について
 各質問の内容は近日中に録画中継がアップされますので、このブログにてリンクさせていただきます。
 
 明日も午前9時より8人の一般質問が予定されています。また、来週17日からは日野町役場4階の委員会室にて、各常任委員会、特別委員会が連日開催されます。
 
 議会は本会議、委員会共に傍聴可能です。ぜひ皆様傍聴にお越しください!

 

 

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス