今日は地域ふれあいデー。桜谷小学校にお伺いしました | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 本日11月23日は日野町の地域ふれあいデーです。各小学校の授業やイベントを地域の方々が拝見させていただく事が出来る日となっています。私は家内と一緒に日野町立桜谷小学校にお邪魔しました。

 

日野町立桜谷小学校

 

 1年生から6年生までの生徒さんたちが体育館に集まり、「朗読集会」が始まりました。各学年ごとに何度も練習されたであろう、物語や百人一首、詩などの朗読が始まります。

 

 

 

 

 元気よく、そして感情のこもった朗読に、地域の方々も聞き入っておられました。朗読集会の最後に教頭先生からも大変感動したとのお褒めの言葉が。

 

 

 その後は場所を移動して、老人会の有志による昔遊び教室が開催され、地域の皆さんともふれあいの時間が持たれました。

 

 桜谷小学校が立地する東桜谷地区は高齢化率が42%と非常に高く、子どもの数も年々減少していますが、こうして地域の皆さんとともに、だれもが「うちの子」として子どもに接してくださる環境は、昔から続く、素晴らしい環境であると思います。最近では同じ関西圏の中でも「子どもに挨拶をしないように」「知らない人から挨拶されたら学校や警察に通報してください」などと教えている地域もあると聞きます。昨今の犯罪などの状況を見ると、そのような教育がすべて間違っているとは言えないかもしれませんが、桜谷小学校の児童のように、地域住民とのふれあいを大切にし、のびのびと暮らせる環境こそ、子どもたちには必要であると思います。

 

※プライバシー保護の観点から児童の顔にぼかし加工をさせていただきました。

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス