日野町農業集落排水事業では無料で良質な有機肥料を配布しています! | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 日野町の中心部は公共下水道になっていますが、私が暮らす東桜谷地区などの周辺部では農業集落排水(農村下水)となっています。

 日野町農業集落排水事業では、家庭の台所や水洗トイレからの汚水を各地区の処理施設で浄化し、きれいな水にして流しています。その過程で出る汚泥は、町内各施設を巡回する乾燥車によって、良質な有機肥料となり、住民が自由に持ち帰って家庭菜園などに使用できるようになっています。

 

東桜谷農業集落排水処理施設と汚泥脱水乾燥車

 

汚泥からつくられた有機肥料は住民が自由に持ち帰れます

 

 また、家庭の台所シンクに取り付けるディスポーザーの設置にも町から半額の補助が出されており、生ごみなどを粉砕して下水管に流すことにより、浄化施設の設備への負担が減り、下水管も詰まりにくくなります。家庭にとっても生ごみの軽減につながればゴミ袋購入費用の節約になりますし、燃やせるごみが減量されれば清掃センターの設備への負担も軽減されます。

 

家庭のシンクに取り付けるディスポーザー。町から最大半額の補助が出ます

 

 我が家も一昨年からディスポーザーを取り付けて使用していますが、メンテナンスフリーで使い勝手も良く、ごみ収集費用の節約の面でも大変助かっています。また、処理施設からいただく有機肥料で家庭菜園の野菜を栽培していますが、とても生育がよく、ご近所さんにもお勧めし、大変好評を頂いています。みなさんもぜひお近くの処理施設でビニール詰めの黒い肥料を見つけられたら、おうちの畑などで使ってみてください。

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス