日野町地域安全活動推進大会に参加しました。 | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

来賓祝辞を述べられる東近江警察署長の瀧岡英典氏

 

 西大路公民館にて平成30年度日野町地域安全活動推進大会が開催され、参加いたしました。数年前から毎年参加させていただいていますが、今年度は私と同じ鳥居平にお住いの奥村健さんが地域安全功労者として、他の3名の方とともに表彰されました。同じ区に住むものとしても、心よりお祝いいたします。

地域安全功労者として表彰された鳥居平の奥村健氏

 

 また、東近江地域安全ポスターコンクールにおいても、日野高等学校の3年生、今井健斗さんが最優秀賞を受賞されました。心よりお祝い申し上げます。日野町内では地元の東桜谷安全なまちづくり協議会をはじめ、各地域の団体さんが、子どもの登下校や防犯活動に日々取り組んでおられます。皆さんのご活動に心から敬意と感謝を表します。

 後半の講演会では、かつて日野警察署の次長をしておられた藤森稔氏(公益社団法人・滋賀県防犯協会専務理事)が、「ニセ電話詐欺の現状と対策」、「子どもを犯罪から守る7か条」と題して、地域防犯のお話をしてくださいました。

講演される藤森稔氏

 

滋賀県内におけるニセ電話詐欺の被害額は年々増加し、昨年度はついに約5億円にまで達していましたが、本年度は今のところ減少傾向にあり、件数も大きく減ってきております。これも防犯に携わる皆さんの日々の啓発活動などが功を奏しているものと思います。ですが、最近は子どもが被害に遭う犯罪が毎日のように報道され、とても心が痛みます。いつも何かあった後で「ああ、そう言えば・・・」というような声が被害者の周囲で聞かれます。そうなる前に、ちょっとでも不審な人を見かけたら、躊躇せず110番する、声をかけるなどの対処をすることが何より大切です。

 これからも微力ながら安心・安全な地域生活のために努力してまいりたいと思います。

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス