【一般質問】9月議会 後藤の一般質問 | ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!


テーマ:

 

 日野町議会9月定例会が13日・14日の2日間にわたって行われ、私は以下の2点について町政をただしました。

 

① 農業政策の課題について

② 防災行政無線の設置と地域防災の課題について

 

 日野町議会では昨年の12月よりインターネット中継を開始しましたが、本日、9月議会の一般質問が録画中継として視聴可能になりました。動画は下記のURLよりご視聴いただけます。

 

http://www.hino-town.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=119

 

 農業は日野町の基幹産業ですが、後継者不足や特産品振興、獣害対策など多くの課題を抱えています。これらの諸問題に対して町が旗振り役となって積極的な施策を行っていくことが多くの町民の願いでもあります。また、近年は毎年のように大きな台風や水害が日野町を襲い、住宅、道路や橋梁、農地などに甚大な被害をもたらしています。このような被害から、高齢者などをはじめとした町民を守っていくかも問われています。さらに、未整備のデジタル防災行政無線についても一日も早い整備が求められています。

 私は16期議員としては、この3年半、14回の一般質問のうち、農業問題を8回、防災問題を3回取り上げさせていただきました。平成の大合併で近隣市町が次々と自治体の形を変えていく中で、日野町は合併をしない道を選択しました。小さな自治体のメリットは、小回りを活かし、ダイナミックで、より住民の立場に立った町政が行える点にあります。町長には、この点に今一度立ち戻り、よりアグレッシブな町政を求めたいところです。

 

ごとう勇樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス