現場下見

また天気が寒くなってきましたね!

天気が悪いとなかなか工事が進まなくて申し訳ないです💦

さて、現場のお見積もりの依頼を受けたら、必ず現場の下見をします。

下見が一番大事な工程です。
電話やメールのみで金額出して欲しいと言われる事がたまにありますが、必ず現場を見させていただきます。
塗る前の壁や屋根の状態を見る事で、塗装だけで塗れるのか、下地処理が必要かを判断します。

時には塗装では戻らない時もありますので慎重になります。
やはりお客様には適正な金額で工事のお見積もりを出したいですが、時には思いもよらぬ下地処理で金額が上がる時もあります。
その際はしっかりと説明していきます。

長い事色々な現場をしていくと、色々と勉強にもなりますし、時代時代で、その当時はメーカーもこれで大丈夫!という事も現代ではクレーム対象になっているので新しいやり方が出来ているのとかもありますので、しっかりと下見をして判断していきます。

色々な例がありますのでまたこのブログで紹介していきたいと思います。

では明日は紅一点の平野さんのブログです!お楽しみに!

{9A33088B-BE9B-4C2F-957D-BAA3E32EA740}