前にキース・リチャーズのことを書きました(今見たら3/27のブログ)

※キース・リチャーズ=ローリングストーンズのギタリストです

昔のソロアルバムが再発売されるという記事を見てのものだったのですが、そんなことよりも4年前にソロアルバムが発売されておりました
(しゃねがったやあ!)

ネットでそのCDジャケットを見たらもう居ても立ってもいられず、ちょうど友達にCD贈ろうと思ってたので電車に飛び乗り仙台のタワーレコードに一目散
行ってきましたあ
買いましたあ


封開ける前に「ぼんのう君」にお清めしてもらいました(ナンノコッチャ)

CD買うのにこんなにワクワクしたのは久しぶり~

今から4年前というと、キース・リチャーズ、この時御ん年72歳

長年のROCK皺(?)も神々しい年輪が刻まれた良いお顔をされてるではありませんか


ところで、

前のブログで頑なにキース・リチャーと書いておりましたが年号も令和に改まったことだし(?)ここは時節に沿ってキース・リチャーと言うことにしました
でないと「あのおやず、いんぴんたがりだおんなや」と噂されてしまいます

※いんぴんたがり=意固地、頑固者....かな?

でもこのアルバム、良い意味で「いんぴんたがりアルバム」でした

キース・リチャーズをしてキース・リチャーズたる音楽そのものでした(なに言ってるかわかんないね)

ワタクシ鮎川太郎改め「いんぴんたが夫」(いい名前だね~)
のベストアルバムになることでしょう

ま、でもほんと買って良かったです

これを買わなければ一生後悔したかも?
将来死に際に子供達に「ががのこと頼むな~」と言った後に「ああ、それにしてもキース・リチャーズのCD聴ぎでがったやあ」と後悔するのは目に見えているわけで.....(ちとオーバー?)

※がが=奥さん、妻....ですね

好きなミュージシャンの前ではいつも少年でいられる鮎川太郎.....

いや、いんぴんたが夫なのでした

ナーンチャッテね


アルバムの1曲目

キース・リチャーズ
「Crosseyed heart」


渋いね~

他、R&Rやブルース、カントリー混ぜこぜ
全てキース・リチャーズ色

ではまた

バッハハ~イ