SUNNY | じゅげむのブログ

じゅげむのブログ

読書と日々の生活


テーマ:

おそろしい台風でしたが、みなさま無事でお過ごしでしょうか。

関空の様子にはびっくりしました。

大きな災害がひとごとではないことをつねに頭に入れて、せいいっぱい生きていきたいです。

 

過ぎ去ろうとする平成、ほんの昨日のような日々を思い出せる映画を見てきました。

 

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」
韓国映画のときも気になっていたのですが、日本でリメイク、しかも90年代を振りかえるという設定で、迷わず見に行きました。
学生たちの間を歩いている主人公のシーンから学生時代のシーンに移り変わるシーンは鳥肌が立ちましたし、実際に小室ミュージックを歌っていた篠原さんが劇中で小室ミュージックを歌うのもジンときました。
余命もので、基本的には切なくて暗いのですが、きらきらした過去に、少しくすんだ現在に、見入ってしまいます。
ただ、あのころの女子高生全員がはっちゃけたコギャルだったかというとそうでもないかな?
韓国の原作の予告編をちょっと見てみましたが、それにくらべて数倍は弾けてる感じです。リアルではないというべきか、あの時代の空気をよく表したというべきか。
不思議な高揚感と余韻につつまれて映画感を出ました。

じゅげむさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス