スターリンの葬送狂騒曲 | じゅげむのブログ

じゅげむのブログ

読書と日々の生活


テーマ:

また微妙に暑くなってきましたね……

ここ数日、仕事のほかに頭を使うことが多くて疲れました。

 

そんなときは……

なにも考えないのが一番ですね

 

最近見た映画、こわかったです。

 

「スターリンの葬送狂騒曲」
20世紀のソ連恐怖の独裁者スターリンの底抜けにおそろしい独裁ぶりの描写から始まります。取り巻きでさえ一言一言に気を使うブラックさ……。
そして彼の死後巻き起こる権力闘争。
みんな悪に次ぐ悪という感じの男たちの中で、いったい誰が権力を握るのか。
誇張して描いているし、時系列とか相当無視しているので描写はほぼ嘘とは思いますが、真実はかなりとらえているような気がする……こんな国には本当に住みたくないと思いました。
あと、権力を持つ者はとことんまで醜くなるものだな、と。
イギリス映画なので、ロシア人なのに英語をしゃべっていますが、人間ドラマに圧倒されてあまり気になりませんでした。

じゅげむさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス