メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年02月27日(金)

言葉とは己の心情風景

テーマ:ブログ

言葉は思考の物質化である。


頭で考えたことが、文字になる。


つまり、物質化だ。



ブログに並べられた言葉は、俺の思考と同じとも言える。



恐ろしいことだと、思う。



自分では、前向きに生きようと思っていても、言葉を見ればそうでないということが一目瞭然だった。



嘆き。悲しみ。怒り。あきらめ。


俺のブロブの要素は、それらで埋め尽くされている。



マイナスの要素を考え、ブログに書く。


そして、負の方向へ落ち込んでゆく。







もうやめよう。



ほんと、やばいよ。



自分で自分を、切りつけているのと同じことだ。





前向きに考えられるまで、自分のことを書くのはやめます。

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年02月26日(木)

テーマ:ブログ

妻の言うとおり、金がなかった。


就職活動も先が見えず、支払いは待ったなしだった。


どうすることも出来ない。


退職にあたり、幾ばくかの資金はもらえそうだったが、支払いはその前だった。


最短で仕事を決めても、どうしても、金が足りなかった。




金を借りるしかない。



しかし、借りるあてもなかった。




ふと、叔父の顔が浮かんだ。




あることをきっかけに、俺は俺で無くなった。


一人の男としての尊厳は、恥に変わった。


それは、一生消えないだろう。




そんな俺を理解してくれた、二人の叔父。


頼れるのは、その二人以外になかった。


逆に言えば、その二人以外の親類は、俺を恥辱にまみれた木偶としか見てはいないだろう。




しばらく考え、携帯をコールした。


3回。


そこで俺はボタンを押した。



携帯を握りしめたまま、しばらく待った。


俺の着信を知って、叔父がかけ直してくると思ったからだ。


しかし、携帯は鳴らなかった。





家には帰れなかった。


妻からの、人を馬鹿にしたようなメール。


それだけで、家に戻らない理由には十分だった。


町をぶらついているうちに、日が暮れていた。



二人の叔父うちの、一人。


考えた挙げ句に、携帯をコールした。


叔父はすぐに出た。




「どうした」


「いや・・・・・・特にどうと言うこともないのだけれど」


言葉に詰まっている俺に、叔父が唐突に言った。



「大変だろう?」



叔父の言葉に、俺ははっとした。


躊躇したが、思い切って俺は話を続けた。



「相談したいことがあるのだけれど」


「わかった、いつでもきなさい」


叔父は即答した。


それだけで、何も訪ねようとはしなかった。




相談できる親類が、俺にはまだいるのだ。


そう思うと、救われたような気持ちになった。


金を借りる借りないは別にして、叔父と話をしよう。


そう思った。





車の中だった。


フロントガラスの雨滴が流れ、街灯に照らされ、滲んでいる。


滲んで見えたのは、涙のせいだった。



涙は止まらなかった。



それは嗚咽とともに、ジーンズに滴った。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009年02月25日(水)

私の観たおすすめ映画 「イントゥ・ザ・ワイルド」

テーマ:ブログ
心臓を鷲掴みにされた。


切なすぎるラストシーン。

物語としては、陰惨な話である。


それなのに、なにか暖かいもので包まれるような、不思議な映画だった。

映画の中に入り込み、青年と一緒に冒険を疑似体験しているようだった。

そして、観た後、余韻が頭の中に残り、映像や音が蘇ってくる。

そんな映画は、めったにないし、俺の中では五本の指に入るのではないかと思えた。











純粋で、ストイックな青年の辿った旅路。



美しい景色。

父親との確執。

物質文明への決別。

孤独という名の、絶対的な自由。

そして、アラスカの荒涼とした大自然。



青年は、そのアラスカの地で、なくしたものを取り戻せたのだろうか。







この物語は実話であり、本人の写真も残されている。(ネタバレになるので詳しくは言いません)
日々を生きる。~妻よ。おまえはいったい何を望んでいるのか。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。