メロメロパーク
2007年02月22日(木)

休み時間の過ごし方

テーマ:ブログ
社食の窓から階下を覗いた。

トレーニングウエア姿で、息を弾ませている男の姿が目にとまった。

屈み込み、膝に両手をついている。

いつまでも、肩が上下していたが、暫くすると呼吸も整ったのか、ストレッチを始めた。

簡単に足だけ伸ばすと、すぐに走り出した。

ひどく疲れた気分で飯を食っていた俺は、驚きとともに男を目で追い続けた。

男はすぐに正門を出、外に走り出ていった。

男は飯をいつ食ったのか。

食わずに走り、そのまま仕事なのかもしれなかった。

どう考えても、飯を食う暇はなさそうだった。


いつも昼休みは、飯の後読書だった。

近頃では、本を読むことさえしていない。

くだらないと思いながら、昼のバラエティー番組を、ただ眺めてしまう。


260円のランチを腹に詰め込み、社食を後にした。

休暇室。

本でも読もうとページを開くと、同僚がとなりに座った。

一言、言葉を交わす。

すると、いつまでも話は途切れなかった。

話が終わり、俺は言葉を返した。

やはり、いつまでも話は続いた。

俺は諦めと共に、本のページを綴じた。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年02月21日(水)

編隊

テーマ:ブログ
幾つもの黒い点が、フロントガラス越しに見えた。

俺はハンドルに覆いかぶさるようにして、その黒い点の動きを眺めていた。

始めは不規則な点の集まりでしかなかったが、徐々に集まり、列になっていく。

驚いたことに、最終的には、ひとつの点を先頭にV字型の編隊を形作った。

渡り鳥かなにかなのだろうか。

鳥の種類まではわからなかった。

「すごいな」

俺は思わず呟いていた。

「なにがすごいの」

助手席で寝ていた妻だった。

俺の感嘆の声で目覚めたらしい。

俺は一言、鳥だよといった。

妻が空を見上げている。

既に、鳥の編隊は後方へ飛び去り、視界に捉えることは出来なかったようだ。

妻は何も言わず、視線を前へ移した。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。