【力をつけて帰ってきたGOT7「高い完成度に自信あり」(18/3/13インタビュー記事訳)】 | GOT7 JAPAN

テーマ:

皆さん、お久しぶりです!

〈Eyes On You〉活動を終えて、ワールドツアーの準備に忙しいGOT7ですが、

今回の活動を前にメディアでのインタビュー記事が出ていたので日本語訳を紹介します。

 

収録曲の裏話や前作からの変化…今一度読むと興味深い内容です。

原文ページも是非チェックしてイイね!を押して応援しましょう!

 

**************

 

[SE★インタビュー①]力をつけて帰ってきたGOT7「高い完成度に自信あり」
http://m.entertain.naver.com/read?oid=011&aid=0003241258

[ソウル経済] 昨年10月に発表した〈7 for 7〉に続いて、GOT7が5ヶ月ぶり​​のニューアルバム〈Eyes On You〉で快進撃を続ける。これまでの歩みに比べてると、相対的に速い時期のカムバックなだけに、より力をつけたGOT7の姿を見せたいという覚悟だ。

12日の午後6時に発表されるGOT7のニューアルバム〈Eyes On You〉は、GOT7ならではの明るく温かいエネルギーが込められると同時に、大切な存在に向けたメッセージを高らかに歌っている。タイトル曲〈LOOK〉をはじめとした各収録曲は、広いスペクトラムを持つ対象「You」に向かって確信に満ちた思いを、それぞれ異なる色で表している。

これについてJBは「前回のアルバムに収録された〈Teenager〉は、自然体の魅力が多い曲だった。年末のステージでその曲を披露したときに、新しいアルバムでもそんな姿を見せたいと考えた」とし、「前作では成長や彷徨う姿を表現したとすると、今回はもう少し確信に満ちていて、自信を持った男の姿を見せたかった。そのため、これまでとは異なって、コンセプトを先に固めてからアルバムを完成させていった」と話した。

また、「前回のアルバムが真摯な姿と伝えることに集中していたとすると、今回はステージで楽しむ姿を表現しようと努力した」とし、「前よりもトレンディなものに、聴く楽しみと見る楽しみの両方を満たすために、スタイルまで丁寧に気を使った。それだけ骨のあるアルバムになった 」と述べた。

「最高です(テバギエヨ)!」と短く太くアルバムへの自信を表わしたジャクソンは、「これまでのGOT7にはなかった違うカラーを見せるアルバムだ。より多くの女心を捕まえられるはず」と冗談を飛ばした。「ミュージックビデオを撮るときも、様々な角度や技法を活用して華やかに撮影し、衣装コンセプトにも気を使った」と自信を表わした。

ミュージックビデオから衣装までの全ての面で、過去のアルバムよりも2倍、3倍の完成度を備えたアルバムだと口を揃えるメンバーたち。特にJBは、過去のアルバム〈You Are〉に続いて〈Look〉が再びタイトル曲に選ばれ、アーティストとしての力量を示した。

JBは「最初はヒップホップビートで作ったが、編曲の過程でポップベースのハウスビートジャンルになった。周りの誰が何を言ったとしても変わらずにいようという思いが込められた曲だ」とタイトル曲について説明した。

ジニョンは「収録曲の中で最もタイトルに適していたのがJBの曲だった。踊りと歌が合わさったとき、最も完成度の高い曲がどれかと考えたとき〈Look〉が最も適していると判断した。もちろん、他の収録曲も完成度が高い。それほど今回のアルバムは、自信のあるアルバムだ」と伝えた。

今回のアルバムも、GOT7メンバーが全てのトラックに作詞、作曲陣に名を連ねており目を引く。ベムベムが作詞、作曲に参加したポップダンス曲〈The Reason〉、ヨンジェがギターの旋律をベースに作曲した曲〈망설이다〉、ユギョムが作った明るい雰囲気のR&Bポップジャンルの〈우리〉、ジニョンが普段言葉では伝えきれなかったファンへの気持ちを込めた曲〈고마워〉などを通じて、より真摯なアルバムが完成した。

ベムベムは「前回のアルバムに初めて参加し、反応が思ったよりも良かった。今回は2回目であるだけに、前より自信を持って参加した」とし「前回のアルバムが悲しい雰囲気の曲だったとしたら、今回は季節に合わせて、幸せな歌詞を書いた」と説明した。

ヨンジェは「告白をしようかやめようかとためらう歌だ。この季節に多くの人が共感してくれるのでは、という思いから曲を作った」とし「ギターの音が好きで曲にも取り入れたかった」と話した。

またユギョムは「〈우리〉という曲の歌詞は、ファンの皆に伝えたいメッセージだ。ラテンのリズムに乗りながら聞いてほしい。前回のアルバム〈7 for 7〉の延長線上で作った曲だ」と伝えた。

先行公開曲で公開された〈너 하나만〉も話題を集めた。SISTAR出身ヒョリンがコラボレーションに参加した曲で、GOT7はデビュー後初の他アーティストとのコラボとなった。

JBは「『ファンタスティック・デュオ』でヒョリンヌナのステージをサポートしたことがあるが、ステージは短かったけれど強い印象が残った。その後、アルバム作業をしながらコラボレーションの話が出た時、自然とヒョリンヌナが思い浮かんだ」とし「やはりヒョリンヌナはとても歌が上手い。作業自体はとても楽しく進行した」と満足感を表わした。

ジニョンも「思ったより僕たちの声とよく似合った。初のコラボレーションなので心配したが、その心配が一気に消えるくらい、僕たちと息の合ったコラボレーションを見せてくれた」と付け加えた。

来年のスケジュールまで一杯に埋まっているほど忙しい時間を過ごすGOT7は、今回のアルバムを皮切りに、2018年をこれまで以上に意味のある一年にしたいと語った。メンバーたちがアルバムに注ぎ込んだ思いの分、良い結果があることを願う、と。

JBは「今回のアルバムを皮切りに、その後に続くワールドツアーも楽しみだ。新しく画期的な試みを披露するために、意見をやり取りしている。面白いことにたくさん挑戦する一年を送りたい」と話した。

続いてジニョンは「健康も最も大切だ。 JYPは年初に仕事始め式をする。その際に、今年のキーワードについて話をするが、今年はパク・チニョンPDが健康について話した」とし、「いくらしっかり計画されたものでも、身体を悪くしては実現しない。今年をしっかり過ごすことができるように、心身ともに健康なGOT7でありたい」と話した。

/ソギョンスター イ・ハナ記者sestar@sedaily.com

**
 

GOT7 JAPANさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。