キリシメン シボを作るぞ ウォレットロープ 入荷情報 | 五助屋レザーのレザークラフトブログ

五助屋レザーのレザークラフトブログ

レザークラフトの作製状況や技法、道具のこと。
趣味のバイク、GPZ900Rのこと。ギターやら銃やら男飯まで、なんのこっちゃなブログ。

( =゚∀゚)ノ毎度!五助屋レザー です。

 

キリシメンだかキシリメンだか間違えやすいですよねw

知ってますか?
たぶん、似た単語は無いのでどちらでも通じると思いますw
過去に自分が書いた記事もどちらだったか記憶が無いです。なんとなく間違えているようないない様なw

 

 

こんな道具です。

 

まるでトンファーの如きその外観。武器として、防具としても使えそうですが。

 

 

こんな風にして腕で押して。押しながらスライドと言うかなんと言うか。こんど動画撮りますね。

 

 

革を揉む道具です。

所謂、シボですね。

これは水シボ 水が一方向に流れるようなシボですね。

 

 

角シボ

 

 

八方揉み 丸シボ

 

もうね、今まで手でえっちらおっちらやっていたのが、馬鹿らしくなるくらい、楽ですし、力が入ります。なのでより強くシボが入ります。

いいでしょこれ。

もんだ革は、ミネルバリスシオのハギレ。すっかりミネルバボックスになってますよね。

手もみも味が有っていいです。

 

 

商品化をお願いしました。

はい、いつものENGAWAさんです。

もうじき入荷予定。

んで、反響見て増産お願いするかもです。

これがあると、同じ革でも色々表情が出せるので幅が広がります。

見た目だけじゃなく質感、柔らかさ、使い勝手も変わりますからね。

 

 

んで先日紹介した

 

 

五助屋レースメーカーです。

 

 

きっちりとレースを処理して

 

 

編みます。

 

 

少々凸凹してても締まり具合を重視して編みます。

6本組み編み。

 

 

ゴムハンで馴染ませます。多少の凸凹より緩いほうがダメ。

凸凹は後から馴染ませる事が出来ますからね。

 

 

イイ感じに馴染みましたがさらに

 

 

霧吹きで水分入れて、革の可塑性を利用してさらに

 

 

ゴロゴロ転がして馴染ませます。

 

 

てなわけで、ちょっと短め
大人のウォレットロープ編み上がり。

本体に進みます。

 

はい、そして本日は、ユーフェンさんの祭りです。

色々と入荷しました。

お待たせいたしました!

 

 

いまならフルラインナップ揃っております。高品質、超仕上げの目打ち。

 

 

皆さんにチョイチョイと入れさせていただいている ユーフェン ポリブレイドの糸。

いいでしょ♪縒りが無い糸ってステッチ安定しますよね。

おかげさまで、徐々に認知度も高くなってきたのか、欠品が多かった糸ですが

 

 

どさっと入荷しました。

どの色が人気なのかまだ読みきれませんが、定番色は多めに入れました。

 

 

セッターポストも入ってます!

 

←読んだら押してね~

五助屋レザーホームページ

こちらが本店

 

カートショップ BASE 五助屋ページ

簡単カートからお買い物

 

五助屋工具店

加工無しでそのまま使えるハイクオリティーツールをモットーに販売しております。

 

五助屋レザーの レザークラフト日記