永遠の推しキャラはバロックさん、どうも黒薔薇です。

5月6日は素敵なことがありました。
ご存知の方も多いと思いますが、こちら!


そうです!念願のオーケストラコンサートに行って参りました!!

こちらの記事【ご報告】逆転裁判15周年記念 オーケストラコンサートに参戦します!!で書いたように、本当に本当に行きたくて…!
その想いは、曲のプログラムと共に書いていきたいと思います!



まずこちらは、会場でもらったチラシ(真ん中)と、
左右にいるバロックさんは連れて行ったグッズたち。

もっとグッズ連れて行きたかったんだけど、バッグが付ける場所が無くてね…(;´Д`)
缶バッジとかも刺せない材質だし、ストラップ系も場所が少ないし、付けすぎるとうるさくなっちゃうあせる

ということで写真のだけになりました。



で、チラシにはプログラムがありますが…

私は大逆転裁判専門なので(いつの間に)、大逆転裁判関連のみご紹介します。
他はゲームのニュースサイトでも紹介されているので、そちらを音譜

今回演奏されたのは*大逆転裁判組曲*ですが、セットリストは以下の通り。


・「成歩堂龍之介~冒険の序曲」
サントラでも1番目に収録されている曲。龍之介のテーマ曲ではありますが、大逆転裁判全体のことも思い浮かぶ"大逆転裁判!"って感じの曲ですね。

・「共同推理(TYPE A)」
大逆転裁判の組曲なら、やはりメジャーな曲。それでも特にこの共同推理は、大逆転裁判を表すものの一つだと思います。やっぱりホームズくんのことが思い浮かびますね( ̄▽ ̄)

・「大逆転裁判~開廷」
まさかこれが演奏されるとは!いや、逆転裁判では大事な部分ですが、聴いた時は驚きました。なんというか、これを聴くと気が引き締まります。バロックさんと戦う前だからかしら。

・「成歩堂龍之介~異議あり!」
最初の「成歩堂龍之介~冒険の序曲」から、タイトルも部分違いで成長した感じが伝わるわね!ノリにノった龍之介が、相手を追いつめていくところです。盛り上がります。

・「追求~大逆転のとき」
そして、私が一番大好きな曲!!ラブラブ大逆転裁判中どころか、全シリーズの追求の中で一番好きなのドキドキ
ゲーム中では、本当に数えられるほどしか流れない、"核"となる曲。ゲームでも早く台詞を送りたくなるし、体も反応して昂るのがわかります。

本当に、この曲は何なのかしら?激しいメロディに、それを残しつつ流れるようなメロディも。まるで私を殺しに来たかのよう。(物騒)




セットリストはこっそり、他に書かれていた方のを参考にさせていただきましたm(_ _)m

…と、いうことなんですが…
実は、これだけでは終わらないんです。


チラシに書かれていたプログラムが終わった後、指揮者が舞台袖に移動しました。
しかし、演奏者の皆様が帰らないのです。

おかしいなと思って。でもオーケストラには詳しくないから、そういうものなのかしら?とも思ったり。


…そうしたら、指揮者の栗田さんが戻って来たんです!!
そうして再び指揮台に立ち、なんと……


「続・大逆転裁判組曲」と題して、違う曲を演奏してくれたのです!!
ある意味、ここが一番興奮したかも←
そのセットリストもご紹介ラブラブ


・「大逆転裁判2の新曲」
なんと、大逆転裁判2の新曲を演奏してくれたんです!!
何の曲かと言うと、

の0:40あたりから流れる曲。
おそらく全体像を聴けるのは、コンサート初だと思うのですが…期待を裏切らない良い曲でした( ̄▽ ̄)
前作と線を引くのではなく、踏襲して、新しいものではなく過去があっての今を感じさせる曲ですね。疾走感もあって気持ちいいですし!

これは大逆転裁判2も良い感じになりそうです。

実は間のトークで言っていたのですが、この曲も含めて、大逆転裁判2ではタップダンスを用いた場面があるそうなのです。
モーションキャプチャも使ってるんですって!ということは、どのキャラかが踊るのよね!?
タップダンスって、女性もそうですが、どちらかと言うと男性のカッコよさが発揮される一つじゃないですか。

さて、一体誰なんでしょうね…?


・「亜双義一真~使命のサムライ」
これもこれで興奮!
ステージの上の方にはスクリーンがあって、そこで曲関連のゲーム映像が流れるのですが、亜双義くんが出ててピッタリでした。(バロックさんのことはまた後で❤)

・「御琴羽寿沙都~新世界に咲く花」
この曲聴くと本当癒されます。映像で寿沙都ちゃんの笑顔というか、微笑みがあったのですが、曲も合わせて泣きそうになりました。

・「シャーロック・ホームズ~霧の街の大探偵」
元気な曲!
映像がギャグシーンしか無くて笑いました(笑)(笑)でも後々、「あ、大逆転裁判のホームズくんはそういうことだったわ」と気づきました。

・「アイリス・ワトソン~小さな伝記作家」
死ぬほど可愛い!!

(ここでバロックさんの曲を期待しましたが出ませんでした(´・ω・`))


・「終幕組曲【冒険の終わり】」
まさかまさか!これがラストを飾るだなんて!!
この曲は、大逆転裁判を最後までプレイした者だけに与えられる、まさに"終"を意味する一幕。

プレイした者にとっては、この曲や、「終幕組曲【大逆転は終わらない】」がラストのイメージが強いのですが、まさか本当にやってくれるとは…!!
大逆転裁判組曲の最後にふさわしすぎる一曲!

これが演奏されて、「ああ、終わったんだ」と心がリセットされました。
(まあ、これが最後じゃないんですけどね(笑)本物のラストはお調べになってね!)



***


こんなにたくさん大逆転裁判の曲をやってくれたと同時に、いや、それを超えるほどの喜びがありました。

それは、ステージの大スクリーンにいっぱいバロックさんが映ったこと!!
特に推しなのは、

・マントを脱ぐシーン

・「事件現場となった<<乗合馬車>>を、ここへ‥‥!」

・「もはや、まやかしのタネは切れたのではないかな‥‥?」



です。
1つ目はもう、言葉にできません。美の骨頂。真骨頂は足ドンですけどね。

2つ目は、大英帝國の国力がわかるシーン。
事件に使われた馬車を法廷に持って来る、恐ろしいほど法廷のデカい国です。

3つ目は、普段のバロックさんの口調が、パターン崩しに来る珍しいシーン。
「~ないかな?」なんて、滅多に言いません。貴重なところです。


…とまあこんな感じに、永遠のバロックさん推しの黒薔薇にとっては、まさに天国でした。





最後に。
今回のオーケストラコンサートの感想を一言で言うと、先ほどにも使ったように、天国でした。

感動を超えて、バロックさんにニヤニヤしすぎて頬の筋肉が固まるくらいだったんですが、
じんわりと、包まれるような幸福を感じたのです。
そして、音が消えていくと同時に、私の身体が霊体となって、そのまま天へ飛んで行くのでは?と思ったくらい。

Highな幸せより、このじんわりこそが、我々が想う天国ではないかと思いました。


また、そのことをわからされた日でした。

あと、大逆転裁判の曲がもっと好きになったわね(*´艸`*)ドキドキ



おまけ

会場に逆転裁判グッズが展示されてあって、そこに今月発売予定の大逆転裁判のスマホケースがありましたラブラブ
実物をまじまじと見ましたが、これは欲しい。







お知らせ
>>ブログのプチ改装をします!<<
>>ランダムポエムは現在頑張って製作中です!<<




黒薔薇卿歓楽館の本棚のご案内
黒薔薇卿の本棚
┗ここで掲載した、全ての詩を見ることができます!


詩に関するメッセージについて
┗黒薔薇へのメッセージに関する詳細はここ!

メアド→kurokyokanrakukan★gmail.com ★=アットマーク
Twitter→@vikutoria10

┗黒薔薇へのメッセージはこの2つか、ブログのコメントへ!




┗上記のランキングに参加しております。応援お願いいたします!