Microsoftのスパイウェア対策ソフトを使いましょう!!


無料ですし、インストールも簡単です。グッド!


インストール方法をご説明します!



WindowsDefenderBETA2 Windows Defender BETA 2



これまで、無料のスパイウェア対策ソフトをいくつか紹介してきました。

LAVASOFT
Ad-Aware SE Personal
http://ameblo.jp/gospelchemist/entry-10004007627.html


spybot Search & Destroy (S&D) (英語版)←とか言いながら、日本語に出来る
http://ameblo.jp/gospelchemist/entry-10005115336.html


X-Block.com
Free Online Scanner
X-Cleaner Micro Edition
http://ameblo.jp/gospelchemist/entry-10014434530.html


そもそも、スパイウェアとははてなマーク


これに対する答えは、こちら▼のサイトにあります。

スパイウェアに関する知識テスト
(Microsoft/個人ユーザー向けセキュリティ)
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/quiz/spywarebasics1.mspx

簡単に言うと、「厄介で迷惑なプログラム」です。
中には危険なものもあります。



ということで、これらの無料のスパイウェア対策ソフトを使って
スパイウェアを退治しておきましょう!


と言ってきましたが、


ついに、親分Microdoft社がスパイウェア対策ソフトを作成しましたビックリマーク



まだベータ版(完全ではない)ですが、
十分使えると思います。

Windows Defender (防御ツール) ベータ 2


http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/software/default.mspx

こちらでダウンロードできます!

もちろん、これまで紹介してきたソフトも
同時進行で使っていくほうが安全です。

個人的な意見としては、
まず、X-Cleaner Micro Editionだけでは全く不十分です(イメージ20%)
spybotは強力ですが、スキャンするファイル数が少ないです(イメージ90%)

AD-Aware Personal SEはファイル・フォルダ・レジストリ・・・と、
スキャンするファイル数がかなり多い(Full Scan時)ですが、
完全ではありません(イメージ85%)


これら全てをあわせて、イメージ98%といったところです。


つまり、ひとつのスパイウェア対策ソフトだけでは不十分ということです。


(※イメージの数値はかなり適当です。過信しないように・・・。)


そこで、せっかく、親分のMicrosoft社が無料のツールを作ってくれたので、


早速使わせてもらって、


セキュリティを向上させよう!というわけです。


スパイウェア撲滅100%を目指して!




今回ご紹介するWindows Defender BETA2は、ユーザーから情報を集めて、

どんどん定義ファイルを更新していき、

完璧に近いスパイウェア対策ツールになることを目指しているようです。


つまり、ユーザーが随時、「情報提供をする」という形になります。


とはいっても、個人情報が気になる方も、

一応Microsoftの製品ということで安心して使えます。

ということで、
Windows Defender (防御ツール) ベータ 2を使って、100%に近づけましょう。


あ、あらかじめ・・・。

インストールは各個人の責任で行ってください。

(この一言って大事なんですよね・・・。)



以下、ダウンロード・インストールの手順を、
簡単にご説明。

(画像はクリックすると拡大して見ることが出来ます。)


WindowsDefenderHome
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/software/default.mspx


まず、こちらのサイトへ行きます。


(Microsoftのホームページから行くことも可能)

そして、ダウンロードページへ。


回線速度をあわせてダウンロードします。



WindowsDefender


▲この画面にあるようなインストーラーがダウンロードできるので、


ダブルクリックで上のような画面を起動させます。


「次へ」です。


WindowsDefender2


規約に同意して、「次へ」


ちゃんと読んでくださいね。




WindowsDefender3


とりあえず、一番上の設定でいきましょう(推奨環境)。


「次へ」



WindowsDefender4



基本的には「完全」を選択します。


パソコンの容量が足りない方は、カスタム設定してもよいですが、


混乱を防ぐために、「完全」のほうが無難です。


「次へ」



WindowsDefender5

インストールの準備が出来たので、


Windows Defenderの「インストール」を開始します。



WindowsDefender6


インストールが完了しました。


チェックボックスにチェックを入れたまま、「完了」を押します。


最新の定義ファイルをダウンロードするのに、しばらく時間がかかります。


WindowsDefender7


▲しばらくこの状態が続きますが、根気良く待ちます。


(これがポイント!てか、ポイントはこれくらい)


すると、突然、動き出します。


WindowsDefender8


最新の定義ファイルに更新されたら、


自動的にスキャンが始まります。


スキャンしているときは、上▲の画像のような画面となります。


(一部修正してあります。)



WindowsDefenderSearch



スキャンが終わり、スパイウェアが検出されなければ上▲のような画面となります。


もし、スパイウェアが発見されたら、指示に従って削除しましょう。


(ちなみに、私の場合、最初にスキャンしたら一つ引っかかりました。)




なお、Windows Defenderは、ウィルス対策ソフトのように、


時間を指定して、自動スキャンもしてくれます。


「設定」という画面で設定してください。


初期設定が、「毎日午前2時」になっているのが少し不思議なところですが・・・。




最後に、この画面を消してしまうと、再度使用したいときに、


わざわざ、スタート→プログラム→Windows Defenderと、探さなくてはならないので、


デスクトップにショートカットでも置いておきましょう。


WindowsDefenderBETA2


▲アイコンを抽出してgifに変換した画像。


本物とちょっと違います・・・。



お役に立てたでしょうか?



Ranking Click!→ にほんブログ村 IT技術ブログへ



テクノラティタグ▼

     

AD
X-Cleaner Spyware Remover and Privacy Protection Software
というソフトを紹介します。

無料スパイウェア対策ソフトを配布しています。OK


X-Blockというサイトにあります。

ここに、
Free Online Scanner

というソフトがおいてあります。


(サイトの画像が、"NOW PRINTING"でしたら、ゴメンナサイ。

リンクはきちんと出来ているはずです。

サイトの紹介をするときは、いつも予約投稿ですが、どうもなかなか・・・。しょぼん


X-Block  このような、マークがありますので、

 そちらへ移動します。



このサイトにある、

Click Here For Free Scan

というリンクからダウンロードできます。



(サイトの画像は、ウェブサイトサムネイル作成API β版 で作成しました。)

(もし、まだ 画像が"NOW PRINTING"でしたら、すいません。)



使い方は、至って簡単です。

何の設定も必要ありません。

インストールの必要もありません!v(^-^)v

適当にデスクトップなどにダウンロードしたら、

ダブルクリックしましょう。

すると、勝手にスキャンを終えて、勝手に終了してくれます。

もし、スパイウェア(重大なもの)が検出されれば、

途中で停止し、メッセージボックスが出ます。


これまで、会長のセキュリティ講座 というジャンルに分けて、

セキュリティ関連の記事を書いてきました。

そちらに、その他のスパイウェア対策ソフトを紹介してあります。


  • Ad-Aware SE Personal(LAVASOFT社)のインストール方法

  • spybot Search & Destroy (S&D) (英語版)

    両方とも英語サイトですが、ここに書いたとおりにやってみてください。

    因みに、spybotは英語版と書いてありながら、

    インストール後に、言語選択が可能です。

    日本語に出来ますのでご安心を。



    本当は、この二つでほぼ十分です。

    でも、一応念のためにということで、

    このFree Online Scannerを三つ目としてご紹介しました。



    あ、一応書いておきますが、このソフトによる何らかの障害が生じても、私は責任を負えません。

    自己責任でお使いください。

    私も自己責任で使っています。

    また、リンク先のサイトが閉鎖されたり、

    移動したり、デザインが変わったりしているかもしれません。

    あしからず・・・。



    (※この記事は予約投稿です)

    タグ▼
     

  • Error Guard という悪質なソフトウェアが登場して、


    しばらくし、最近は見かけなくなりましたが、


    日本語版にして、名前を変えただけの


    Error Safeというものが登場しました。汗


    Error GuardError Safeも、ネットサーフをしていたり、


    悪質なサイトのリンクなどから誘導されてしまうことがあります。


    Error Safeも危険なので要注意です!



    ウィルス対策ソフトやWindows Update (or Microsoft Update )で


    対策をしていれば、


    自動的にインストールされることはありませんが、


    誤ってインストールボタンを押した場合は、


    すぐにError Safeも消してください。


    スパイウェアのようです。ドクロ




    スパイウェア対策のフリーソフトもありますので、


    それで確認して安心してください。


    (ひっかかったらひっかかったで、アンインストールしましょう。)




    詳しくは、昔書いた記事、Error Guardについての記事 を参考にしてください。


    かなり詳しく書いた(つもりです)ので。



    こういうのも、一種のスパムですね。


    対策法についてはスパイウェア対策ソフトのインストール方法 に書いています。


    といっても、とりあえずの対策法です。


    参考になさってください。



    追記:


    同様の内容を、号外として、


    メルマガ『脱初心者!パソコン生活快適化講座 』でも配信しました。

    ブログのスパムコメント対策で、

    ブログを荒らすコメントスパム、検索大手が対策に本腰

    だそうです。スパム行為をすると、

    特定のタグを自動的に埋め込まれることで、

    検索エンジンのロボットが無視するというものです。

    ブログの運営サイト側の協力が必要とのことですが、

    アメブロはどうなるのでしょうか。

    インターネットでのトラブル

    最近、インターネットによるトラブルが多発しているそうです。

    警察庁のホームページにも、インターネットトラブルのページがあります。

    こちらを一読されることをおすすめします。

    ↓↓↓

    警察庁・インターネットトラブル

    ↑↑↑



    また、ウィルスやワームなどの対策を

    まだされていないという方も

    中にはいるのでは?

    ということで、そういう方はこちらのSo-netのサイトが

    非常に分かりやすいと思います。

    フラッシュ動画を見ると、結構ビビりますよ。

    ↓↓↓

    So-net セキュリティ

    ↑↑↑