今年(2011年)の年賀状の御言葉について

テーマ:
改めまして、新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。ニコニコ


2011年は、昨年できなかったことをいろいろしてみたいと思いますが、

忙しい年にもなりそうです。

体調管理をしながら、前向きでかつモチベーションを保ちながら、

積極姿勢で臨みたいです。

後は体重のコントロールでしょうか(苦笑)。




さて、私の年賀状には、毎年御言葉が記載されています。

多分ですが、私がクリスチャンになったのが2001年の9月ですから、

2002年から毎年そうだと思います。

(入院していたときは出していないかも・・・。)



今年は、マイナーな箇所を選びました。

「ホセア書6章3節」です。

我々は主を知ろう。
主を知ることを追い求めよう。
主は曙の光のように必ず現れ
降り注ぐ雨のように
大地を潤す春雨のように
我々を訪れてくださる。」
(新共同訳聖書より)


「ホセア書ってどこだっけ?」と言われそうですが・・・。

(ちなみに太預言書と呼ばれる、

イザヤ書、エレミヤ書、哀歌、エゼキエル書、ダニエル書の次に来る、

小預言書のひとつです。

時期的にはイザヤと同時期か若干昔の人で、エリシャよりは後です。)



いろんな思いがこもっています。

一見、祝福の御言葉に見えますが、

実際は悔い改めを呼びかけている箇所なんです。

前後を少しだけ見てみましょう。


小見出しには、「偽りの悔い改め」というタイトルが付いています。


6:1 「さあ、我々は主のもとに帰ろう。
主は我々を引き裂かれたが、いやし
我々を打たれたが、傷を包んでくださる。

6:2 二日の後、主は我々を生かし
三日目に、立ち上がらせてくださる。
我々は御前に生きる。

6:3 我々は主を知ろう。
主を知ることを追い求めよう。
主は曙の光のように必ず現れ
降り注ぐ雨のように
大地を潤す春雨のように
我々を訪れてくださる。」


6:4 エフライムよ
わたしはお前をどうしたらよいのか。
ユダよ、お前をどうしたらよいのか。
お前たちの愛は朝の霧
すぐに消えうせる露のようだ。

6:5 それゆえ、わたしは彼らを
預言者たちによって切り倒し
わたしの口の言葉をもって滅ぼす。
わたしの行う裁きは光のように現れる。

6:6 わたしが喜ぶのは
愛であっていけにえではなく
神を知ることであって
焼き尽くす献げ物ではない。

(新共同訳聖書ホセア書より)



ここまで読むと少しお分かりいただけますでしょうか?

「」で囲まれている箇所が、「偽りの悔い改めの言葉」になるわけです。




今回この御言葉を選んだ理由の一つは、

悔い改めの呼びかけと、主(聖書の神様)からの祝福を信じよう!ということと同時に、

この悔い改めの言葉、祈りが、一時的な物にならないようにしよう、ということです。



朝の霧のように、すぐに晴れてしまい、

祈ったのか、悔い改めたのかわからなくなってしまうような毎日ではなく、

悔いたら改める、そういう習慣を身につけたいなと思いました。

今年の私の課題というか目標ですね。



また、他の理由としては、「わたし=主」が喜ぶのは、

「愛」であって、「神を知ること」であるということを、

間接的にブログを見た方に知っていただけたらと思いました。

(ただ、この箇所全部を年賀状に盛り込むのはどうかと思ったので、

3節だけにしました。)




聖書を通して、このことは一貫しています。

神様に対する愛が望まれているということになります。




日本では、「神様」というと、対象が曖昧で、

時に神社の中の像であったり、時にお地蔵さんだったり、

また時には何が何だかわからないものだったり・・・。



しかし、聖書が語る神様は人格をもった方です。

人が神様を愛すること、(まずは知ることですかね)を求めておられます。



ヨハネによる福音書15章16節では、以下のようにあります。
(わたし=イエス・キリスト、です。)

あなたがたがわたしを選んだのではない。
わたしがあなたがたを選んだ。
あなたがたが出かけて行って実を結び、
その実が残るようにと、
また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、
わたしがあなたがたを任命したのである。
(新共同訳聖書より)



「神様を知る、愛する」というのは、実は人間から出てくる感情ではなく、

神様から一方的に与えられる特権というか、恵みなわけですね。

まずは聖書を手にとって読んでみてください。

そして、神様からのcallingに応答してみてください。

そうすれば、人格的な神様との交流が始まります。

目には見えないけれど、確実に始まります!

私もそういった体験を今年はたくさんしたいと思います。




それにしても、このホセアという人の人生を見てみると(1章とか)、

すごいですね・・・。

最近買った漫画聖書でも再確認したのですが、

「淫行の女」を妻として迎え、イスラエルに向かって預言します。

神様の思いはこのように辛いものなのだ!と。

偶像に「浮気」したイスラエルの民たちに、

神様の心の痛みを、そして裁きの預言をしています。



本物の神様を知らずに他のものを信仰すること、

また無関心で神様を知ろうとしないこと、

それがどれほど神様を悲しませてしまうことなのか、

それがこの本文から伝わればいいなと思いました。




さて、久しぶりに聖書に関するブログを書きました。

(いつも適当な記事ですいません。(苦笑))



「読んでますよ~」という声を聞くたびに、

あ、書こうかな?と思うのですが・・・。あせる

今年は何個、ブログ記事をかけるかな?

昨年は80個だったので、100個を目指そうかな。

では、皆様、今年(は?/も?)、良い年でありますように。音譜




いつも応援、ありがとうございます!

Ranking Click!→
にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へにほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ
にほんブログ村

学生ブログランキング

パソコンのキーボードの大掃除

テーマ:
今日は研究室で、自分のパソコンの大掃除もしました。
(研究がメイン。大掃除は気分転換でっす。)

キーボードからボタンを全部はずした状態↓
会長日記 -JASTOCS会長の日記ブログ--ボタンをはずした状態



外したボタンを並べてみた。↓
会長日記 -JASTOCS会長の日記ブログ--はずしたボタン



クリーニングが終わってボタンをキーボードに戻した状態↓
会長日記 -JASTOCS会長の日記ブログ--掃除完了


かなりきれいになりました。

これで研究作業も効率アップ・・・と行けばよいのですが、
プログラムのバグが取れませぬ。。。
分からないので来年に持ち越しになりそう・・・。
うは(>o<)!

いつも応援、ありがとうございます!

Ranking Click!→
にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へにほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ
にほんブログ村

学生ブログランキング