Error Guardにご注意ください!

【速報】【緊急】

Error Guardについての警告!


(追記として、Error Safeについても)


さらに新しい情報はこちら に書きました。


(2006/05/21)




ネットサーフをしていて、突然、

あなたのコンピューターにエラーがあります(英語でcritical error)といわれ、

キャンセルしたのですが、

そうしたらサイトが開いて、

いつの間にかダウンロードしてました。

Error Guardというソフトです。



これは、簡単に言うと、「押し売りソフト」です。



インストールする必要はありません。

お金を取らることもあるそうです。

みなさん、ご注意下さい!



もし、インストールしてしまったら、

起動中でもかまわないので、

即、アンインストール(削除)することをお薦めします。

アンインストールの方法は、意外と簡単で、

Windows XPなら、

スタート→全てのプログラム→ErrorGuard→Uninstall

で、できます。




あと、「あなたのパソコンが・・・」なんていわれたら不安ですよね。

ということで、もっと安全なものがあります。

しかも無料です。

Microsoftの公式ホームページ上でも紹介されています ので、

安心して使えます。

(でも、私は責任をとれません、自己責任でお願いします。)

代表的なものには、SpybotやAd-Awareなどがあります。


Lavasoft Ad Aware
Spybot Search & Destroy (S&D) (英語)

なぜ、このError Guardがダメだと言っているのかというと、

1)無料のものがあるのに・・・

2)なぜ、重大なエラーがあることがわかるの?

3)インストール後に他のスパイウェア対策ソフトで危険な状態と判断される

からです。



まず、1)について

まず、無料で配布されているものがあるのに、

わざわざ有料で買うのもな・・・というのが一つ。




でも、もっと重大なのは、2)です。

「あなたのパソコンに重大なエラーがある(モトは英語)といいますが、

なぜ、わかるのか?ということです。

そのパソコンの中まで(システムまで)にアクセスしない限り、

インストールもしていないソフトウエアが、

どうしてそんな判断を下せるのか?ということです。

応えはどちらかです。

i) 実は、これこそスパイウェアである

ii)虚偽である

このどちらかとしかいえません。

i) だとすると、Error Guardそのものがスパイウェアということは、かなり危険なソフトであるということです。

ii)これも重大な問題です。勝手にエラーがあると脅していて、商品を売り込む。詐欺まがいです。




3)はどういうことがといいますと、

私は実際にインストールしましたが、すぐにアンインストールしました。

その後、Lavasoft Ad Aware でチェックしましたら、

最も危険なスパイウェアであるレベル10のスパイウェアが検出されました。

この前に、チェックしていたのですが、

そのときはスパイウェアは検出されていませんでした。

つまり、Error Guard自体が、最も危険なスパイウェアであると、

Lavasoft Ad Aware が判断したということが分かります。




怖いことに、まだ、ウィルス対策ソフトでは、反応しませんでした。

これは、おそらく、Error Guard自体は公式なスパイウェアであるため、

ウィルス対策ソフトは、「仲間だ」と判断してしまったようです。



もしかしたら、Error Guard自体はやっていることではなく、

誰か悪意のある人が、Error Guardを悪用しているのかもしれません。



皆さん、はまらないように、ご注意下さい。




特に、自動登録型のトラフィックエクスチェンジ(特に海外の)

使っている方は要注意です。



因みに、私が開設しているトラフィックエクスチェンジ

Traffic Matrix (トラフィックマトリックス) では、

全てのサイトの登録を手動で行っておりますので、

こういった悪意のあるサイトは登録していません。

安心してご利用下さい。

(もし、何かお気づきの点がありましたら、教えてくださるとうれしいです。)

本日、私が発行しているメルマガ、

【脱初心者!パソコン生活快適化講座】

mail_pc_s.gif

でも、号外で配信しました。


【脱初心者!パソコン生活快適化講座】を購読する(無料)






続編(Error Guardの詳細)を書きました。





追記(2006/05/21)


Error Safeというものも登場しましたが、同じものと思われます。


名前を変えただけのようです。


ご注意ください!!!