天風晴雄のよもやま話

思い出話や、お役立ち情報、震災情報、健康情報、社会情報など色々お届け


テーマ:
天風晴雄です。先日よりのコメのセシウム汚染に

揺れる福島県ですが、県が年内に策定する予定の

復興計画」に、何と佐藤知事が

東京電力と国に対して、県内のすべての原発を

廃炉にすることを求める!


とする文言を盛り込む考えを明らかにしました。(+_+)

さらに知事は 「雇用など原発が地域経済に及ぼす

影響や自治体の財政に対する影響など、

様々な観点から議論を重ねてきた


と熟慮に熟慮を重ねてきた事を表明しました。(_ _。)

今まで原発に関わってきた人達の今後の雇用問題は

大変重大なだけに、思い切った結論だと思います。

今後の佐藤知事の手腕が問われますね。でもきっと

この方ならやり遂げてくれると思います。('-^*)/

さて、福島第一原発はメルトダウンによって核燃料が

すでに溶けているのではないかと、以前より推察されて

いましたが、東電の解析結果により、それが本当に現実

である可能性が高いという事が明らかになりました!

東電によると1号機のメルトダウンした核燃料は分厚い

鋼鉄製の原子炉の底を突き破って、相当の量が下の

格納容器に落下しており、その底の遮蔽コンクリートを

何と、最大で65センチも浸食していると推測される

という事が明らかになったのです。(ノ゚ο゚)ノ

ただし床のコンクリートの厚さは全厚2メートル63

センチもあるので、まだ床下までは達してはいない

と推定されるそうです。ヤレヤレ。(;^_^A

もし突き抜けていれば正しくチャイナシンドロームでした!

福島第1原発はチャイナ・シンドロームか!?

また、一定時間冷却が続いていた2号機と3号機でも、

やはり燃料の約6割が溶け落ちたと推定しています。

この事から床コンクリートの浸食は2号機で最大12cm

3号機で最大20cmに達すると推定しているそうです。

この事が真実であるとすると、燃料を取り出すのは容易

ではありません。これを可能にするためには、よほど

優れた原子炉修復ロボット等の新技術の開発がないと

技術的に難しいかもしれませんね。(ノ_・。)



京都 嵐山
$天風晴雄のよもやま話


$天風晴雄のよもやま話


$天風晴雄のよもやま話


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
天風晴雄です。恐れていた通り、また伊達市でコメ

から国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出

されましたね。この地区は局所的に放射線量が高い

4つの自治体の一部の地域だそうで、福島県では

検査の範囲を広げ、県産のコメの安全性の

確保を早急に進めたい
」 としているそうです。

先月佐藤知事が出した「安全宣言」は何だったのでしょう。

福島のコメは放射能汚染なし!知事が安全宣言

とても虚しいものになってしまいましたね。(ノДT)

さて、震災復興が進んでいる事を象徴する喜ばしい

ニュースが入って来ました。震災や大津波、そして

大火災により壊滅的とも言える被害を受けた宮城県

気仙沼市ですが、気仙沼港は昔からカツオの水揚げ

が盛んで、何と過去14年間もの間、日本一の座を

守って来たそうです。しかし今年の震災によりここ

気仙沼港は大被害を受けました。しかし、その後の

懸命な復旧活動のおかげで今年6月28日にカツオの

初揚げを果たし、市場は一気に活気づいたそうです。

その後の漁港の皆さんの努力の甲斐あって、ついに

今年もカツオの水揚げ日本一の座を守れる見通しに

なったそうです。具体的には、東京にある漁業情報

サービスセンターによると、26日現在の気仙沼港

の生鮮カツオの水揚げ量は、去年の約40%ほどの

1万4000トン余りだそうですが、千葉県の勝浦港

を1000トン以上も上回っているので、間違いなく

15年連続の日本一に輝くという事です。(^O^)/

ホントこれは感動のドギュメントですね。ヽ(゜▽、゜)ノ



京都 嵐山
$天風晴雄のよもやま話


$天風晴雄のよもやま話


$天風晴雄のよもやま話


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
天風晴雄です。昨日のドイツでの核廃棄物輸送妨害

のトラブルは相変わらず続いているようです。(+_+)

政府に対し反原発を訴える市民数千人が連日、線路の

上に寝転んだり、火をつけたりして列車の運行を妨害

した結果、この3日間で市民と警察官の合わせて何と

200人以上がけがをするという非常事態となりました。

核廃棄物の最終処分場の建設計画が一向に進まない事

に業を煮やした反原発の市民が暴動を起こしたのです。

まあ、政府の立場も分からないでもないです。確かに、

高レベルの核廃棄物の処分は大変難しいですから。

高レベル放射性廃棄物処分の危険性と問題点

日本もこれは「遠くの火事」ではないですよ。一刻も早く、

福島県外に汚染瓦礫の最終処分場を建設するべきです。

モタモタするとドイツのように暴動が起きかねませんよ。

といってもどこの自治体が引き受けるのか難題ですが。

さて先日も福島ではコメの汚染が深刻であることが判明

しましたが放射能汚染は農家だけではありません。(ノ_・。)

漁業も未だに漁ができない状況が続いているのです。

28日、福島県内の6つの漁協がいわき市で会合を開き、

漁の再開の時期と見通しについて協議されました。

この会合の中で、県の担当者からは、今月の調査でも

沿岸部で獲れたヒラメやシロメバルなどの、計5種類の

魚から、何と国の暫定基準値を超える放射性物質が

検出されているという深刻な現況が報告されました。

この事実を受け各漁協からは、高い放射性物質の検出が

依然、続いている状況であるとして「漁を自粛すべきだ!

との意見が相次ぎ、その結果、年内の操業再開を断念

するという事を断腸の思いで決めたそうです。(ノ_-。)

本当に残念な結論になってしまいました。もし来年

漁が再開できたとしても、さらなる風評被害との戦い

が待っていそうですね。Y(>_<、)Y




京都 嵐山


$天風晴雄のよもやま話


$天風晴雄のよもやま話


$天風晴雄のよもやま話


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。