10月15日 護真会 新座稽古

テーマ:
総合護身術 護真会
代表の山本貴史です。

新座での定例稽古を実施しました。

SNSから見学希望の問い合わせもあり、益々盛り上がりを見せました。






先づは、キャッチナイフ・ベーシックをみっちり時間をかけて行いました。

身体が状況に的確な反応をするには、繰り返し反復練習する事が有効です。

その際に、変な癖を付けさせないように、個人のレベルや個性を見極めながら指導する事を心掛けています。

自律神経の支配下で、「反射的に良い癖」で、瞬時に動けるようになる事を目指します。






12月には、護真会の「昇級・昇格審査会」があります。

今、自分がどの位のレベルに達しているかを知る一つの目安にもなります。

弊会では、昇格者をTシャツの色で識別します。

ブラックベルトは、黒シャツです。

道場が、ブラックカラーで溢れる日が楽しみですね!

1年以上頑張っている方や、最近入門された方も、果敢にチャレンジしてみて下さい!







O&D訓練(オフェンス&ディフェンス訓練)では、最小限の防具を着装して行っています。

訓練が白熱して来ると、思わぬ事故となる事があるので、安全には細心の注意が不可欠です。

しかし、多少の痛みや、小さな怪我は、自分を強くする為には必要だと感じます。

あくまでも、各人のレベルに応じた範囲ではありますが。






それぞれのペースで、

「楽しく!」

「厳しく!」

そして、
「より楽しく!」


一緒に、高みを目指して行きましょう!



                     押忍





              総合護身術 護真会