【満腹より満足 糀ご飯】

日本糀協会 糀エヴァンジェリストの武輪あゆみです。
 
突然ですが、今日 美容室へ行ってきました。
そこは、ヘナとカットだけの美容室。パーマはありません。
自然なものだけを使って身体に優しい。
食べ物だけでなく、外からも自然が良いと思っていた私が見つけた 三田のとてもステキな美容室です。
 
先日、そちらで石油製品無添加の手作りコスメのワークショップが開かれ、その時に先生ご夫妻にお出しするランチにサンドイッチを作りたいのでとパンのご注文をいただきました。
 
今日、その時のことをお伺いしたところ、お一人が動物製品の使用を一切行わないヴィーガンだったそうで、「野菜だけのサンドイッチ、マヨネーズも使えなくて、何で味を付けたらいいのかわからなくて困ったんです。」とのお話を伺いました。
そうです。マヨネーズは卵を使っているからヴィーガンの方や卵アレルギーの方には使えない。
 
「なら 大豆マヨネーズなんかよかったですねー。」と私。
 
日本糀協会のレッスンレシピ《5種の発酵調味料レッスン》の中の一つである大豆マヨネーズは、大豆、塩糀、酢、油で作るマヨネーズなので、ヴィーガンや卵アレルギーの方にも使っていただけます。(この講座、gorshuの中級コースに入っています。)
 
糀の酵素が大豆のタンパク質、油を分解して乳化させるので、卵を入れなくても滑らかで美味しいマヨネーズが出来ます。

それに大豆には私達の年代には欠かせない大豆イソフラボンや大豆レシチン、大豆サポニン、オリゴ糖など総コレステロールを下げたり、抗酸化作用、骨粗しょう症の予防などの効果がある成分がたくさん含まれています。
 
「糀が分解するんですか⁉️凄いですねぇー!」
そうなんです。糀って凄いんですよ!
こうして多くの方に糀の魅力と力をお伝えするのが私達 糀エヴァンジェリストの仕事です。
 
こんなやり取りをしながら、気づきました。「糀の料理でベジタリアンやヴィ―ガンの方に向けてのレシピもできるんじゃない?」

食べ盛りだった息子がいなくなり、私達夫婦もだんだんと食べる量が減ってきた昨今。
ガッツリお肉のメニューより、野菜中心のご飯が多くなっています。
私達はベジタリアンではありませんが、それを望んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

有機野菜をふんだんに使った野菜プレート。

お肉は無くても糀を使えばしっかりと素材の旨味や甘味を引き出し、満足できるご飯ができるはず。
私がいつもブログの最初に書く【満腹より満足 糀ごはん】が正にそれなんです。
 
糀料理の講師としてお料理教室をしていますが、実はレシピを開発するのは苦手。

でも、こんなレシピなら出来る気がする。やってみたい!ここが私の得意分野かも!
なんてったって私はyogini<ヨギーニ>(注:ヨガをする人)。こんな料理が得意です。
普段のごはん。yoginiごはん。↓↓↓
 
こんな風に日本糀協会は、自分の得意とする分野を活かして活動することを素敵な事だと後押ししてくれます。
また、私がレシピ開発が苦手なように不得意なところはしっかりとサポートしてくれます。
 
糀のお料理教室をやってみたいけど不安。。。
わかります!私達もそうでした。私達が持っていた不安、悩み、努力、そして感動、感謝、やりがいを皆様にお伝えし、サポートできるインストラクターへの道を作っていくのが講師養成プロジェクトです。

是非、このプロジェクトがどんな風に進んでいるのか見ていて下さい!
現役講師の声など発信していきます。
お友達追加してくださいね。
こちらをクリックしてください。
↓↓↓
 
また、糀のアトリエ~gorshu~では、私の得意とするパン作りと糀のお料理教室をコラボさせたオリジナルのコースレッスンを開講しています。

糀の基礎知識を学んでいただく初級の糀基礎講座に始まり、上級のおもてなし料理までトータルで学んでいただけるコースレッスンです。

メニュー及び日程などは下記からご確認いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。
オーガニック糀ランチボックスなどのご注文も下記からどうそ。