いよいよ手術当日叫び

母の緊張が伝わってしまったのか娘は5時半には起床ショック!
そして看護師さんが90mlのお茶をくれてゴクゴク。

ここから手術まで、しばらく待機。プレイルームで遊ばせていたら、旦那さんが仕事を休んで来てくれました!

そしていよいよ手術の時間。手術着に着替えて病室で待機。ドキドキ…

いよいよお迎えに来た~ドクロ
ストレッチャーで手術室まで移動って言われたけど、娘はすっかり怯えてしまったので、パパに抱っこされて移動する事に。
さすが大学病院。手術室が遠いっ。エレベーター乗り継ぎしたしガーン
私達夫婦は緊張で口数少なくなっちゃった。

そしていよいよ手術室に到着。
娘は相変わらずパパから離れられなくて泣き出しちゃったので、パパが一緒に手術室の中へ。

私は1人入り口で待機。
麻酔で眠ったところで旦那さんが戻って来た~。
娘はベッドの上でもぎゃんぎゃん泣いて暴れていたけど、口に器具を当てられてガス?を吸ったらあっという間に眠ったそう。

手術が終わるまで病室で待機との事。

旦那さんとコンビニ行って朝ごはん。

あんな小さな身体に全身麻酔…不安な気持ちでいっぱいでした。

そして一時間半位して、手術が終わったとの連絡が。急いでお迎えに。

すると麻酔から冷めた娘が泣いてました。人口呼吸器の管が喉に入っていたため、外したあとも違和感からか、すごい咳をしていて、かわいそうでしたしょぼん
手術した箇所はガーゼが貼られていました。

ガーゼの隙間から見える異所性蒙古斑には、濃い紫のレーザー痕がびっしりで何とも痛々しい…

痛み止めが効いているので痛がっていないのが幸いだわ。

そして病室に戻って、寝かしつける事に。まだご飯も水分も取れないからグズグズ…

一時間半位眠って起きた所で、ほんのすこーしの水分を貰えました。一気飲みして、しばらくして小さな声で「おちゃ…」とつぶやいていて、胸が締め付けられるような思いでした( ;´Д`)

またしばらくしてから水分を貰えるとのことで、またゴロゴロしてました。やっぱり麻酔で疲れたのかぼーっとしてました。

またウトウトする娘の頬を撫でながら、よく頑張ったね!と何度も何度も声をかけました得意げ

夕方になって、ヨーグルトなどをあげてもいいとのことだったので、ダッシュで売店へDASH!お腹すきまくりだろうからと一番高いフルーツヨーグルトを購入♪

ガツガツ食べてるー!!と思ったらフルーツだけ残してる(笑)意味ね~ダウン

そしてパパと私に甘え甘えて過ごしました~。

夕飯も食べれました!

明日はやっと退院だーラブラブ

続く~。





iPhoneからの投稿
いよいよ入院。
手術は翌日だけど、麻酔の関係で絶食が必要だったり、予備診察があるので前日から病院へ。

小児科の病棟に入院する為、朝イチ小児科の外来へ行き、感染症などのチェックを受けて、病棟へ。

病室は二人部屋でした星
娘はなんだか落ち着かない様子とかげ

とりあえず形成外科の診察があるまでひたすら待機との事汗

小児科の病棟なのでとっても充実したプレイルームがありましたひらめき電球DVDも観れるし、おままごとキッチンもあるし、おもちゃも沢山アップなので、入院中はひたすらプレイルームで遊ばせていました♪

お昼ご飯を食べて昼寝して、午後にやっと診察。

娘のアザにはQスイッチヤグレーザーというのを照射する予定でした。コレは出血を伴うので、術後一週間は傷のケアが必要と言われていました。
しかし急遽、Qスイッチルビーレーザーというのに変更になりました。こちらは血も出ず術後はいつも通りに過ごせるそう。

最初に予定していた方が、深いところまで当てられるけど、この暑い時期に化膿したりして痒くなって引っ掻いたりすると傷が残ってしまうし、初めてのレーザーなのであまり強いレーザーはやめておこうという事になったらしい。

効きめはあまり変わらないと言われだけど、きっと少し効果は薄れるんだろうなーと思ったけど、まだ初回だし、娘へのダメージは少ないに越した事はないなーと。

娘の体調も万全なので、あとは手術を待つのみ。

翌日朝9時からの手術なので、食事は夕方6時半の夕食で終わり。飲み物も寝る前までで、翌朝6時に90mlだけお茶をもらえるとの事。

朝起きてすぐゴクゴク水を飲んで、朝7時前には朝食をとる娘にはキツイなー。

と思いながら夕食を食べさせました。

ここで、旦那さんが面会に来てくれて娘は大はしゃぎ音譜音譜よかったねドキドキ

ちなみに付き添いの私には食事など出ないので、病院内のローソンで食料を調達して食べてましたー。

そんなこんなでパパに会えて大興奮の娘ははしゃぎ疲れて眠りにつきましたー。

いよいよ明日は手術!!

続きます。







iPhoneからの投稿
今日は、いよいよ手術前の検査の日
絶対大変だろうから旦那さんにお願いして仕事を休んでもらいましたー!!

先ずは手術をしてくれる先生に色々と説明を聞き、お次は入院の説明を聞きに、別のフロアへ。説明を聞いた後は心電図をとりにまたまた別の科へ。心電図泣くかなーと心配してたけど、パパの膝の上だったからか、身体中にペタペタ機械を貼られても泣かなかったニコニコ

まだまだ終わりませーん。

お次はレントゲン。お洋服脱がされちゃってびっくりしたのか、終わるまで泣きまくり叫び

次が1番心配してた採血。私達両親は部屋から出されてしまって、泣き叫ぶ声だけがずっと聞こえていて胸が苦しかったな汗娘の両腕には絆創膏が…怖かったよね。痛かったかな?頑張ったね検尿は出なくて、手術当日にやることに

そして、入院の申し込みして終了~

ものすごく長く感じたけどここまでで二時間。
とっても管理された病院で、あちこちの科に移動して検査とかしてもとってもスムーズで、待ち時間も短かくてよかった。

初めてこの病院に来た旦那さんもすごいなーってびっくりしてたべーっだ!

とはいえ、娘にとっては大変だったろうな

本来だったらこんなことしなくていいのにね。

頑張れ娘っ子グッド!

手術は7月8日。準備しなきゃー波



iPhoneからの投稿