Google対策 SEO

Google検索エンジン向けのSEO対策情報。その他の検索エンジン(Yahoo,Bing等)でも応用できる基礎基本SEO情報が中心。Google対策の参考にどうぞ。

Google SEO対策

Google検索エンジン周りの情報ばかりを書いているわけではありませんが、Google SEO対策で役立つ情報を多く当ブログに掲載しております。

さらに詳しいGoogle SEO情報(最新版)を知りたい方は、トンケン経営研究所 SEO事業部のメインSEOブログを参考にしてください。


テーマ:

もう少し、3キーワードがこのページの「オリジナル部分」(コンテンツ内)に出現したほうが順位は上がりやすくなると思います。
上記3キーワードがこのページ内の「共通部分」(サイドバー等)ではよく出現しておりますが、「オリジナル部分」(コンテンツ内)では「薄め」といった印象を受けます。

Google検索エンジンロボットはページの「共通部分」と「オリジナル部分」(コンテンツ)を明確に区別して「オリジナル部分」(コンテンツ)に記述されたテキスト文章からこのURLの「主たるキーワード」を割り出します。

共通部分では上記3キーワードがよく出現する関係で共通部分とオリジナル部分を合わせた「ページ」全体ではキーワードでそれなりに「濃い」ページに仕上がっております。
が、オリジナル部分(コンテンツ)のみを見ますとキーワードでかなり「薄い」コンテンツとなっております。

上記3キーワードがコンテンツ部分でもう1,2個ずつ出現するだけでも、コンテンツのターゲットキーワードでの「濃さ」がかなり変わると思います。
もう少し「オリジナル部分」(コンテンツ)でターゲットキーワードの濃さを出したほうが、このURLの「主たるキーワード」が検索エンジンロボットに伝わりやすくなります。

各URLのコンテンツの「主たるキーワード」が検索エンジンロボットに伝わるようにコンテンツを仕上げて頂くと、供給する被リンクも「良く効く」ようになります。

コンテンツの「主たるキーワード」をアンカーテキストにして外部サイト群から対策URLに向けて被リンクを供給した場合は検索エンジンロボットの目には「自然な被リンク」と映ります。
が、対策URLのコンテンツの「主たるキーワード」以外をアンカーテキストにして被リンクを供給した場合は「不自然」と映り順位が上がらなくなったりペナルティを受けたりします。

上記URLであれば、オリジナル部分(コンテンツ)が「○○」で初めから終わりまでしっかりまとまっていれば、「○○」がこのコンテンツの「主たるキーワード」と判断されます。
検索エンジンロボットが「主たるキーワード」と認識している「○○」をアンカーテキストに含めて被リンクを供給して行けば「貼られて当然の被リンク」「自然な被リンク」と認識されますので、検索順位は上がって行きます。

Google検索エンジンでは各ページの「共通部分」でキーワードが沢山出現していても、コンテンツ内でキーワードが出現していなければ標的キーワードと関連が薄いURLと判断されてしまいます。
各ターゲットキーワードで各URLの内部SEOスコアを高めるにはオリジナル部分(コンテンツ)をターゲットキーワードに沿って「濃く」仕上げて頂く事がGoogle SEOでは必要になります。

共通部分がターゲットキーワードで「濃く」仕上げっていても、オリジナル部分(コンテンツ)がターゲットキーワードで「薄く」なっているようであれば、其のURLはターゲットキーワードで順位が上がり辛くなるか、もしくは全く上がって来なくなります。

by SEO職人 トンちゃん

検索エンジン対策
ネット広告代理店
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

弊所は2012年に入ってから顧客の「対策URL・キーワード一覧」の内部SEO状況を初期段階でチェックしておりますが、これには「被リンクの無効化を防ぐ」という目的があります。
弊所が供給する被リンクが検索アルゴリズムにいかに強かろうと、顧客URL群が内部SEOの要所を押さえていなければ、弊所が設置代行する「強い被リンク」は「ほぼ無効化」されてしまいます。

メインSEOブログでよく申し上げる「URL内部のSEO対策⇒被リンク対策」はGoogle SEOの要所を短い言葉であらわしております。
要所を外せば「不動の上位表示」「安定した1位表示」もまず無理でございます。

短期的には要所を外していても上位表示できたり1位表示出来る事もありますが、要所を外した状態で中長期でその順位を維持するのはほぼ不可能であります。
「強い被リンク」を活かすも殺すも顧客URL群の内部SEO状況次第です。

内部SEOの要所をお客様方が押さえていなければ、弊所が設置代行する「強い被リンク」も全て死にます。
「強いコンテンツ(強い内部SEO)+強い被リンク」であれば「不動の上位表示」も可能となりますが、「弱いコンテンツ(弱い内部SEO)+強い被リンク」で実現できるのはセイゼイ短期的上位表示のみです。

被リンクには「ペナルティ」が存在しますが、「無効化」というものも存在します。
被リンクに起因するペナルティを受けない対策も重要ですが、「有効で強い被リンク」を「無効化」させないための対策も重要になってきます。

被リンクを無効化させない上で重要になってくるのが「URL内部のSEO対策」です。
特に「コンテンツのSEO対策」です。
「URL内部のSEO対策」には、「被リンクの無効化を防ぐ」といった目的もございます。

「コンテンツの情報量」の話から脱線しましので、もとに戻します。
コンテンツの情報量に関しては無理をする必要はまったく無いです。

ご自身に無理の無い範囲、継続できる範囲で情報量を追求して頂ければと思います。
「コンテンツ」が「鍵」であり、押さえるべき内部SEOの要所であるという事だけご理解頂けていれば、今後も問題なくSEOで安定して集客できると思います。

今後とも宜しくお願い致します。

by SEO職人 トンちゃん

SEM
被リンク サービス

光沢紙のネット通信販売サイト
光沢紙
トレーシングペーパー
耐水紙
エプソン ロール紙
A1 ロール紙

家族関係・人間関係の占いサービスサイト、池袋
占い 池袋
ヒーリング 料金
占い 未来
ヒーリング 講座

ゴルフグリップのネット通販サイト
ゴルフ グリップ
パター グリップ
ゴルフ シャフト
キャディバッグ
ゴルフ ドライバー
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

新サイトのどのURLもターゲットキーワードに沿ってまとまっておりますので、問題無いと思います。
各URLの「コンテンツの情報量」に関してはまだ追求の余地があり内部SEOスコアも更に伸ばせると思いますが、それ以外はとくにないです。
各URL内部は今のままで変更・修正なしでも大丈夫だと思います。

各URLのコンテンツの情報量に関しては、「初めから終りまで、ターゲットキーワードに沿う形で情報量(文章量)増やして行く」のであれば、情報量は多ければ多いほどSEOスコアアップに繋がります。
少なくともGoogle検索(Yahoo検索)ではそうです。

ターゲットキーワードに沿って情報が充実したコンテンツの方が検索ユーザーには役立ちますので、実際にGoogle検索も情報量の多いURLに高い内部SEOスコアを与えます。
また、情報量等の内部要因を強化して内部SEOスコアを高めたURLと、そうでないURLに被リンクを供給した場合では、被リンクの「効き」が違います。
同じ被リンクを供給しても前者の方が遥かによく「効き」ます。

特にターゲットキーワードに沿わぬコンテンツを持つURLは、ターゲットキーワードでの内部SEOスコアが非常に低くなりますので、検索アルゴリズムに強い「有効なキーワード入り被リンク」を幾ら供給しても殆ど「効きません」。
検索エンジンがコンテンツ分析から割り出した「コンテンツのキーワード」と「被リンクのキーワード」が一致しなければ、検索エンジンロボットの目には「不自然な被リンク」「あり得ない被リンク」と映ります。

検索エンジンロボットの目に「不自然」「あり得ない」被リンクと映ってしまえば、供給被リンク自体が検索アルゴリズムの数々のアップデートに耐えられる強い被リンクであっても、ほとんど「効かなく」なります。
URL内部の「コンテンツのSEO」を確り押さえられていなければ、強い被リンクも検索エンジンによって「ほぼ無効化」されてしまいます。

URL内部のSEO(特にコンテンツのSEO)が確り出来ていないと、被リンク対策が意味をなさなくなります。

by SEO職人 トンちゃん

SEO対策とは
内部SEO 外部SEO

遺品整理・回収買取りサイト、大阪府
遺品整理 大阪
格安 遺品整理 大阪
不用品回収 大阪
遺品整理 堺市
不用品回収 堺市
粗大ゴミ 大阪
粗大ゴミ 堺市

菌床販売通販サイト、椎茸
菌床 椎茸
菌床 エリンギ

コート紙のネット販売サイト
コート紙
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。