PHP Way #1に登壇しました

テーマ:

先日(12/19)、BASE株式会社が主催する「PHP Way #1」に
コネヒト CTO 島田さん、BASE CTO えふしんさん、と共に
登壇させていただきました。

 



きっかけは、PHP Conferenceの懇親会で、BASEのエンジニアの方と
もっと勉強会を主催した方がいいよね、という話が盛り上がりました。
その話をした後日、BASEの広報の方から、PHPを中心にした話題で
勉強会の登壇の打診をいただいたからです

当日のディスカッションでもお話ししましたが、PHPのサーバサイドが
盛り上がっている感じを作りたいと思っていたので、登壇を快諾させていただきました。

勉強会としては「PHPを使い続ける企業がどのようなことを考えて、その選択をしているのか?」
がテーマでした

SGEのゲーム事業では、主に使用しているサーバサイドの言語でPHPがあります。
SGEのPHPを選択している理由を中心にお話しさせていただきました。



資料にありますが、SGEは子会社複数社によって成り立っている組織で
各社の技術選定は、各社にまかされています。
各社ノウハウが分散しそうですが、それが起こらないように、共有の文化が浸透しており
多様性がありかつノウハウがたまる組織になるように日々横軸のつながりを強めています。

PHPという技術選択は、歴史的経緯もあります。
かくいう、私も、社会人として使用してきた言語は、SIerのときは、Javaだったのですが、
携帯(当時はガラケー)のコンテンツに携わる仕事からは、ずっとPHPを使用してきています。
2010年くらいまでのガラケーのサイトは圧倒的にPHPが多かった印象です。

発表およびディスカッションでいろいろなことをお伝えしましたが、
いままでPHPを使用して開発してきて感じたことを率直にお伝えしたつもりです。

PHPのコミュニティは懐が深く、PHPのコミュニティで学んだことを実務に活かし、
新たに取り組んだことをPHPのコミュニティに還元する、ということを
繰り返しています

PHPエンジニアがもっと幸せになるためには、自分たち自身が
PHPを楽しんでいることをアピールすることだと思っています。

ブログを書いてください、と参加者の皆さんにお願いしたにもかかわらず、
言い出しっぺの自分がかくのが遅くなりました。
参加者、およびこのブログをよんでくださったPHPのエンジニアの方が
自分たちのやっていることに自信をもち、
以前にも増して、発信していけるようになれば幸いです