最後の東京口、国鉄型特急電車185系『湘南ライナー』 | 晴れろの撮影紀

晴れろの撮影紀

はじめまして。

Yahoo!ブログより移行して参りました。
「晴れろ」と申します。

内容は、特に撮り鉄をメインとします。
たまに神社や水族館など私が興味あるものを何でもざっくばらんに書ければと思ってます!
誤字脱字が多いので、手柔らかにお願いします(^^)

こんにちわ。

晴れろです。

ご無沙汰しております。

 

前回の「踊り子」に引き続き、今回は「湘南ライナー」です。

 

 
「湘南ライナー」が産まれたのは1986年。
累積赤字で首が回らなくなっていた国鉄(現在のJR)が、翌日の運用に入る為に回送していた列車や次の列車まで運用が無く車庫に眠っていた特急車両をフル活用しようという試みで始まった「ホームライナー」が全国各地で導入され、「湘南ライナー」もその一環。
この列車達のメリットは、確実に着席が出来、なおかつ乗車料金+指定席料金(500円)のみで特急列車が利用出来る事。
ちなみに全国各地に走っていた「ホームライナー」等は、ここ10年程で特急化などにより、あまり見なくなりました。
 
さて、34年間走り続けていた「湘南ライナー」は185系だけで無く、様々な車両が使われていましたので、ちょっと振り返ってみましょう。
 
お馴染みの185系
写真の劣化が酷いですが、90年代中頃。
まだ東京駅に東北新幹線は来ていませんでした。
 
215系 
「湘南ライナー」の乗車数向上の為に作成されました。
この車両も今回の改正でお役御免となりましたね。
通勤ラッシュには不向きな車両構造で、積み残し乗り過ごしが頻発し、指定席列車としか最後は走りませんでした。
 
251系 バブルの申し子。
昨年春のダイヤ改正で185系より先に引退しちゃいました。
観光目的の列車として、約30年走ったと考えると快適だったんですかね。
一度乗ってみたかったです。
 
183系 HMチャレンジ失敗(笑)
特急あずさの間合い運用です。
上記以外にも351系や257系が使用されていたようです。
「湘南ライナー」の過去を振り返ったところで、駄作をご覧ください。
 
東京駅に入線する「3733M 湘南ライナー13号」

 

最後の夜行サンライズより長い編成で、小田原へ向かいます。

 

全ての車両で客扱いしてる訳ではなく、駅員さんの居る所のみ乗車出来ました。

これは他の「ホームライナー」も同様で、駅によって乗れる車両が違うんですよね。

確か。。。

私の古い記憶だと、大阪〜米原間を走っていた「びわこライナー」は新大阪駅から乗ると大阪駅発と同じ指定席料金でグリーン車が乗れました。

※上沼垂485系使用時。

 

東京駅に別れを告げ、小田原へ向かいます。

 

車内では缶ビールをプシュッとやってる頃でしょうか。

今日も一日ご苦労様達を乗せて西へ

寝て起きたら、今日も仕事。
早朝一番東京駅へ向かう「湘南ライナー」が冬光線受けて走ります。

 

今日はド快晴。

富士山が見送ってくれています。

 

新宿へ向かう「おはようライナー」

隣はダダ混み。こちらは二度寝中(笑)

 

本日のメンインイベント。

東京駅に9時を回って到着する最後の湘南ライナー

 

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(__)m

今回は色々と遊んでみました。

記載内容に誤りがありましたら、コメントに記載頂ければ幸いです。

 

次回は引っ張るか悩みましたが、「番外編」となります。

またお付き合いください。

 

それでは、また!