94:再現

テーマ:
最近は実際にあった出来事を

映画化やドラマ化されることが多いですよね。

最近見た映画で僕がオススメしたいものは

「英国王のスピーチ」という映画です。

知っている方も多いのではと思います。

これは乞音に悩んでいたジョージ6世と彼の治療にあたった言語療法士のストーリーを描いた映画です。

乞音ではないのですが僕も口唇口蓋裂という病気で

言葉が相手に上手く伝わりにくく

以前「76:言語訓練」で書いたように

小さい頃は言語訓練を受けていたので

映画を見ているとどこか自分とジョージ6世を重ね合わせてしまいます。

映画やドラマは何かを伝えるには本当に良い方法の1つだと僕は思います。

「57:アンビリバボー」でも書きましたが

本当によく細かいところまで再現されています。

実際に自分がその立場になったことがない方は

少し盛ってるんじゃないの

なんて思われる方もいるかもしれませんが

本当にそのまんまです。

実際に当事者から聞き取りをして

忠実にドラマや映画の中で再現をする

脚本家さんや演出家さん、プロデューサーさんの力も大きいですが

演じる俳優さんや女優さんも

かなり凄いなと思います。

自分は体験したことがないことだろうけど

本当に自分のことのように演じられているのは

まさにプロの技ですよね!

僕らには見えないけれど

自分が演じられる役についての勉強など

日々努力をされているのではないかと思います。

僕は俳優さんになって自分で役を演じて何かを伝えることはできないけれど

多くの人とは違った体験を多くしてきていると思うので

このブログのように文字にして何かを伝えたり訴えることはできます。

僕は現在

このブログで連載していた「メール事件」をベースにした小説と

「スクールカースト」をテーマにした短編小説を執筆中です。

いつの日か小説になりドラマ化もしくは映画化する日がくるといいなと思っています。

もしその時がきたら

俳優の嶋田久作さんに出演して頂きたいと思っています!


現在放送中の西島秀俊さんと小栗旬さんが主演のドラマ「CRISIS」にも

先日警視総監役として出演されていました。

以前から好きな俳優さんで

ブログもチェックさせて頂いています!

誰でも名前を見ただけでわかるくらい著名な方なので

とてもお忙しいはずなのに

いつも全てのコメントにきちんと返信してくださっていて

非常にファン思いで親切な方だなと思います。

このブログを見てくださったこともあるんですよ!

僕がどんな経験をしてどのように乗り越えたのかを伝えることで

同じような境遇の人に勇気や笑顔を与えることができるのではないかと思っています。

また僕の経験から

学びとって活かせることもあるでしょう。

映画やドラマ、小説は

娯楽でもあれば

知識や教養、生きる術を与えてくれる

ものでもあると僕は思います。

まずは今書いている小説が本になるように

日々頑張っていきたいと思います。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


AD