注文住宅実現への道。これであなたも成功者の仲間入り!注文住宅セカンドオピニオン・住宅コンサルタントを活用しましょう!

注文住宅のセカンドオピニオン的存在として有名な住宅コンサルタント「オカモト企画」。施主側、ハウスメーカー側双方の本音を、数多くの実例から辛口トークで綴ったブログです。このブログの中には、注文住宅を成功させるヒントが沢山あります。是非、参考にされてください。


テーマ:
先日に引き続き、引渡し済みのお客様宅に突然訪問してまいりました。

事前にお約束をしていないので、空振りになることもありますが、お会いできるのもご縁だと勝手に思っています。訪問される側には、まったく迷惑なことですが・・・

一日に沢山伺うと私がめいってしまうこともあり、1組だけ会えたら完了と決めました。今回は、4年以上前にお引渡しをさせていただいた西宮市のお客様です。料亭の店主をされていた方で、今は、別の場所に移転してしまっているのでマンションになる前にあった西宮の住宅展示場でハウスメーカー時代に知り合うことができたお客様です。私よりもかなりの年上(失礼)のご夫婦で、お嬢さんが帰ってくるので、建替えを考えているというのが、最初でした。非常に義理堅く、別のハウスメーカーに訪れたときに、外にいた女性のこえかけに、今日は時間がないので、明日またくるねといわれて、翌日展示場におみえになられました。そのときに接客させていただき、すぐに気に入っていただき、実際に間取り図面まで作成されていた数社をお断りになられて、住まいを建築していただきました。私のことを大変気に入っていただき、当時勤めていた会社を退職する時には、いろいろと気苦労等おかけいたたしいました。そのお客様なのですが、私が手術で入院していたときに、明日手術だという日に私の携帯に電話をくださいました。私は、手術をすることを、心配をおかけするお客様には連絡をしておりませんでしたので、びっくりでした。しかも、電話の内容は、最近知り合いが知らない間に入院して手術をしたりしているんですよ。元気でがんばっていますか。といった内容です。実は、明日手術ですなんてとてもいえませんでした。そんなこともあり、元気になるまでは、連絡をなかなかすることができないで、今にいたっていました。訪問してみると、たまたまご主人がペットのワンちゃんたち(4匹)の散歩から帰ってこられて、玄関先で休んでおられました。お久しぶりですと声をかけて、お家の中に入れていただきました。奥様は、宝塚歌劇に行かれていたのでお留守だったのが残念でした。お住まいは、今みても新築のようにきれいにされており、床も壁の住宅設備もピカピカです。住み心地も大変満足されており、奥様も長年付き合ってきたアレルギー関係からも開放されて、ご主人ともども健康的で元気にされているとのことでした。こちらのお住まいは、当時でも画期的な生活環境を実現するために、高断熱と高気密にこだわった木造在来工法の洋館モデルです。熱損失におけるエコ度合いは、今のレベルでも最高峰で、発電システムを設置するだけで、2020年対応のスマートハウス化も可能な住まいです。こちらを建築したときは、2013年の省エネルギー化に対応できるように設計しましたが、郡を抜く住宅性能は、いまだに色あせることはないみたいです。

お客様に連絡を取っていなかったことをお詫びして、また、私が元気なのを確認されて安心いただくことができました。心につっかえていた重荷のひとつが下ろせたような気持ちでした。いい住まいは、その住人をいつまでも幸せにしていることを確認して、お客様宅を後にしました。

私が担当営業からはずれた後、その会社の別の営業が何人か担当になったようでしたが、お客様の期待に沿える営業はいなかったようです。しかし、こちらを建築したときに、担当してくれた現場監督は、私の意志を汲んでか、お客様に対しては、よくしていただいているようです。お客様もいわれていました。やっぱり人だよね。このように、いつまでも喜んでもらえる人であり続けなければと思いました。




マイホームを人生最大の衝動買いにしてはいけません。
相談できる人がいることを知ってください。
知らないと後悔することが沢山あります。詳しくはホームページをご覧いただき、
メールか電話でお知らせください。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ





住まいの知恵袋 ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、お休みなのでバイクでツーリングに出かけました。お天気もよく、気温もいい感じに低く、夏場の熱風との戦いがうそのようなさわやかな風を感じながらオールレザースタイルで走りに行きました。夏に使用するために用意しておいた、パンチングメッシュレザーのジャケットとパンツです。今年の夏の暑さでは、見るだけで汗が出そうだったので、しまって起きましが、やっと出番が来ました。いつものように、目的地を決めないで、三田篠山氷上方面にバイクを走らせました。走り出して感じたことは、空気が乾燥しているからでしょうか、パンチングレザーでは、寒いくらいでした。寒く感じるので、峠では少し運動ができそうです。もう、年も年なので昔のように、ひざを路面にすりながらのオーバーアクションはできません。が、気分はGPレーサーで快調に峠道を抜けてゆきます。バイクもすこぶる調子がよく、エンジン音が気持ちよく耳を揺さぶり、思わず口からお気に入りの歌がこぼれます。マフラーの排気音とエンジン音をバックミュージックにして、何曲かを歌いながら、ペースを落としながら氷上まで到着しました。しかし、止まることなく、明石方面に進んでゆきます。明石のどこにつくのだろうと考えながら、ふと道路標識を見たら、篠山の標識と77号線の看板が出てきました。そうそう、また、宝塚方面に戻ってゆくのなら、明石は、少し遠いよねって思って、何も考えずに左折、篠山方面77号線に進路を変更しました。すこし走ると、恐竜の骨の発見現場の看板が沢山でてきます。そんなこともあったよねって思いながら、ふと進行方向の右側を見ると、それらしき駐車場が出てきました。ちょうど、休憩もしたかったので、その駐車場に行くことにしました。土曜と日曜しか営業をされていないとのことなので、お店はしまっていましたが、こちらで化石の発見体験などもできるみたいです。そう言えば、子供たちが小さいころに、福井県まで恐竜の化石や発掘体験に家族旅行したなあって思い出しました。誰もいない広々した駐車場は、気分爽快です。景色もすばらしくまた、次回もここかなって思いながら、ゆっくりさせていただきました。この前の日曜にいやなことがあり、そのむしゃくしゃした気持ちも幾分かは和らげることができました。
持参した菓子パンを食べて、駐車場を後にしました。帰りの道中もいろいろすばらしい景色が見れて、次回はこの景色の見れる場所で休憩することにしようと思いながら、帰路につきました。すこぶる快調で、バイクの調子も気持ちいいほどよい感じでした。ガソリンを給油すると燃費は、1割ほど伸びており、リッター22kmぐらいでした。大好きなレザーを着て、大好きなバイクで走り、大好きなエンジン音を聞きながらの大変満足の行くツーリングでした。

無人の駐車場です。平日は、お店はお休みみたいです。
でも、広々としていて日当たりもよく、ゆっくりできました。
グッドドラゴン 住宅コンサルのマイホームとバイク・格闘技のブログ

化石の発掘体験ができるみたいです。
子供さんたちが喜ぶでしょうね。

グッドドラゴン 住宅コンサルのマイホームとバイク・格闘技のブログ

バックの山が西宮市の甲山みたいでした。

グッドドラゴン 住宅コンサルのマイホームとバイク・格闘技のブログ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の日曜日、お引渡しを終えたお客様のお住まいに突然訪問をしたくなり、行ってきました。宝塚市の阪急山手台に先日行ってから、ふつふつと昔のお客様の顔が見たくなり、つい出かけてしまいました。お客様側からすると急に営業がピンポンを鳴らして玄関先にたっているのは、迷惑なことだと思いましたが、逢いたい衝動に勝てずに実行してしまいました。もう、1年以上も前にお引渡しをさせていただいたお客様ですし、ハウスメーカー時代のお客様です。忘れていらっしゃるかもしれないという不安も抱えながらの訪問でした。宝塚市の阪急山手台にお引渡しをさせていただいたお客様からお伺いさせていただきました。お客様宅に到着し、インターホーンの前に立ち、緊張の瞬間です。呼び出しボタンを押し、お客様がお出になられました。岡本ですがといった瞬間、あらまあ、岡本さん。少しお待ちくださいねと驚いたような感じの回答です。しばらくすると奥様が玄関から出てこられて、お久しぶりですとにこやかな笑顔で迎えていただきました。程なくご主人も現れ、本当にご無沙汰していますねというような会話で、お家の中に入れてくださいました。私は、玄関先で失礼させていただくつもりだったのですが、リビングに案内され、お茶までご馳走になりました。退職されてから、年賀状も出せない状況だったのでどうされているのか時々話しをしていたのですよ、とおっしゃられ、お家で大変お世話になり、ありがとうございました。大変満足して住んでいます。子供もできて、本当にこのお家を建ててよかったです。と奥様もご主人もおっしゃっていただきました。突然の訪問なのですが歓迎していただけて、本当にうれしかったです。また、いつでも来てくださいねとおっしゃっていただいて、大変幸せな気持ちになりました。その後、この分譲地の販売センターに、先ほどのお客様の土地をお世話いただいた阪急不動産の営業の方を訪ねてみました。当時の会社とは違いますので、どのような対応をされるかわかりませんが・・・受付で営業マンの名前を告げ、しばらく待っていました。すると、懐かしそうに営業マンが現れました。一度だけの商売でしたが、覚えていた様子です。笑顔でいろいろな話を一緒にしました。私の会社は、業態的には不動産業なので、この方々と同業ですが、私の仕事は建築関係になりますので、特別にハウスメーカーと同じ扱いで会社登録してもらいました。いろいろな土地の情報も会社に連絡してくれることになりました。

こちらの会社を後にして、もう3年以上も前のお客さんで退職の関係で引渡しに立ち会うことができなかったお客様宅に行くことにしました。ご自宅の前に行くと、奥様と子供さんたちが、たぶんご近所の友人だと思いますが、お家の外にいらして立ち話をされていました。そこに車で止まったものですから、あれって感じの顔をされていました。車から出て声をかけると、まあ、お久しぶりですと笑顔で答えてくださいました。車が変わっていたので、気がつかなかったですといわれて、私のことは、覚えていてくださいました。お住まいには、大変満足されており、お家を検討されている友人たちには、お家の中をご説明されているとのことです。懐かしいですね。という感じのお話をさせていただきました。ご主人は、日曜ですがお仕事で不在でした。ご主人にもよろしくお伝えくださいと言って、子供さんたちにも見送られて、次のお客様宅に向かいました。

次のお客様宅も3年ぐらい前に引渡しに立ち会うことのできなかったお客様です。

玄関でインターホーンを鳴らしてみると、まあ、すこしお待ちくださいと奥様の声がして、ご主人と奥様で玄関からお出になられてきました。子供さんが出かける準備の最中なので、玄関の中でお話させていただくことになりました。ご主人とは、本当に久しぶりで懐かしい思いでいっぱいになりました。お家は、冬でもほとんど暖房が要らない状態だそうですし、夏のエアコンの稼働率もすごく低いそうです。また、同居されていらっしゃるお母様もこのお家にお住まいになられてからは、体調がよく、元気になられたとのことです。奥様のご実家の建替えでしたので、私は前の住まいも知っております。住人が健康になって、幸せに暮らせることは、大変うれしいことです。懐かしいお話をさせていただき、ご主人も奥様も幸せそうな笑顔でいらしてくださったのが、大変うれしかったです。お別れには、玄関から出て、私が見えなくなるまで見送ってくださいました。本当にうれしい気持ちでいっぱいになりました。

ご無沙汰ばかりしていて、大変失礼な訪問でしたが、どの方も皆さん、喜んで笑顔で迎えてくださり、本当に幸せです。幸せな暮らしをされている方々は、その元に住まいというものがあれば、その住まいにかかわった人たちすべてを幸せにしてくれるものだということが、また、実感として沸いてきました。

このような方々をもっと沢山、お世話しなければならないと強く思い、願う日でした。



マイホームを人生最大の衝動買いにしてはいけません。
相談できる人がいることを知ってください。
知らないと後悔することが沢山あります。詳しくはホームページをご覧いただき、
メールか電話でお知らせください。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ





住まいの知恵袋 ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ミサワホームの担当営業から気密測定の最終を行いますという連絡が電話で入りました。どうも、連絡をしていたと勘違いをされていたみたいで、急なお話ですがという感じでした。最近、私も物忘れがひどくなってきたような感じがしていたので、聞いていたのに忘れてしまっていたのかなって一瞬思いましたが、そうでなかったので安心しました。しかし、電話を受けた場所は、京都でしかも、電話に出られない状況だったので、確認できたのは、12時前後なんです。80kmも離れた場所だったのですが、4時からということなので、何とか間に合うだろうと思い、すっ飛ばしてきました。高速道路のない山の中にいたものですから、山道をがんがん飛ばして何とか間に合いました。

すでに測定業者さん以外はおそろいで、外構工事の打ち合わせの最中でした。ほどなく、業者さんがお見えになり、準備にかかりました。引渡し前の掃除も出来上がっている状況です。通常、この状況では、気密測定は行われません。換気扇やコンセント、エアコンもついているわけですから、開くべき穴が開いている状態なので、それらの機器がその機械の仕様で気密を取ることになります。こちらのお家は、気密工事を重点に行うために作業をされているわけではありませんので、これらの機器が気密対応でないものも混在して施工されています。おのずと、測定値が悪くなります。今回の目標値は、2.0c㎡/㎡で、確かに妥当な数値だと思いました。特にテーピングを要する場所はありませんが、換気システムの給排気の場所をテーピングしておいたのと、セコムのコントローラーがまだつけられていませんので、その穴をテープで埋めた程度です。玄関の扉を施錠して、各部屋の扉を閉じてから計測を始めました。お施主様が外構の打ち合わせを続行されている中で計測を続けました。計測結果を見て、全員が驚きました。初回が、1.0c㎡/㎡という数値が出たのです。もう、びっくりです。信じられないくらいよい数値なので、何かの間違いなのかもしれないと誰もが思いました。室内の閉じていた扉をすべて開放して、再度計測をしました。その測定結果は、さらによくなり、0.87c㎡/㎡という数値です。前回の数値が、0.7c㎡/㎡でしたが、分母の計算にミスがあり、正確には、0.8c㎡/㎡でしたので、0.1c㎡/㎡も数値が悪くならない結果なのです。もう、説明がつきません。いかに大工さんと現場監督さんが、すばらしい仕事をされたかということとしか言えません。計測業者の専門家も、自分たちの知る限りのハウスメーカーの実測値でこの数値を超えるデーターはありません。気密工事をされていない建物としては、大工さんと現場監督さんがすごく丁寧に作業されたということなのでしょう。それしか言えません。私も同感です。私もこのような状況で、この数値を見たことがありません。ミサワホームの底力が証明された瞬間なのでしょう。すばらしいです。お施主様も大変満足そうで、笑顔でうなずかれていました。私がかかわったことで、今までにない感覚的な施工の正確さではなく、論法の通った施工会社でない専門の第三者の会社で計測された結果がこのような世界でも一番厳しい基準を難なくクリアーされていることがわかるようになったことは、大変意義のあることだと思います。ミサワホーム、すばらしい仕事をしていただきまして、ありがとうございました。この次にも控えていらっしゃる私のお客様の住まいも、満足の行くものになることを願っております。

こちらのお住まいは、これからもミラクルなことが起こるような感じがします。お施主様たちの明るい楽しい笑顔に見送られながら、先に失礼させていただきました。帰宅してから、今回のお客様の建築にいろいろとご協力いただきましたミサワホームの杉崎さんに電話で報告をして、この結果をともに喜びました。担当営業の多田さんや現場監督の柴田さん、設計の藤田さん始め内勤のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。






完成済みの状態なので、測定機器の設置にも十分な注意が必要です。




グッドドラゴン 住宅コンサルのマイホームとバイク・格闘技のブログ





気密測定会社の専門家とミサワホームの現場監督の柴田さん、担当営業の多田さんとで


テーピングの必要があるかどうかを検討中です。


ミサワホームの関係者も、気密ということに関しては、かなり勉強もされて、詳しくなっていました。




グッドドラゴン 住宅コンサルのマイホームとバイク・格闘技のブログ



洗面所の上部の換気システムのユニットの点検を行っています。


空気の動きが機械的にコントロールされているかを確認しています。




グッドドラゴン 住宅コンサルのマイホームとバイク・格闘技のブログ










マイホームを人生最大の衝動買いにしてはいけません。
相談できる人がいることを知ってください。
知らないと後悔することが沢山あります。詳しくはホームページをご覧いただき、
メールか電話でお知らせください。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ





住まいの知恵袋 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、西宮市の夙川で建築中のお客様から、「外構のイメージを考えたいのだが、実際の建物を参考にして考えるといいと思うのですが、私のブログを見て、外観を研学されていた場所を見てみたいので教えてほしい」という内容のお電話をいただきました。お客様だけで、外構を実際に見て考えたいとのことですが、ただ見ているだけでは、どうしてそのような外構になっているのか、色合い等どのようにお施主様の住いにあわせればよいのかまで、なかなかわからないと思いましたので、お時間を知らせていただければスケジューリングしますよとお話していたところ、昨日の午前中にというお話になりました。丁度、私もスケジュール調整が可能でしたので、お施主様をお連れしての現場研学会を実施いたしました。実際に住まわれているお宅を見てまわるので、外に出て、どうこう言っているのは、住まわれている方々にとってもいい感じがしません。車中からやや遠方から見ながら、いろいろなお話をさせていただくことになります。私の車は、お施主様のプライバシーのこともあり、外から見えにくいように窓ガラスを少し濃くしていますので、車中からでしたら安心して外部を確認できます。今回は、前回とは違い、外構のお話になりますので、数多く見ていただくことにいたしました。ミサワホームから事前に現在提案中の外観パースを取り寄せて、内容を確認しています。外構は住いの顔の重要な部分です。外構で住いのイメージを大きく変えることも可能ですので、住いのイメージと施主のイメージを高次元でセンスよく仕上げる必要があります。しかし、むやみにイメージしても仕方がありませんので、今回のお住いに適した方向性をお施主様に確認いただくことを目的にして案内する場所を考えました。西宮市よりも芦屋市の方がイメージしやすかったので、芦屋の浜方面と岩園方面を選択しました。芦屋の浜方面の新興住宅地は、平坦な地形ということもあり、オープン外構が主流です。オープンな外構ですが、玄関ドアまでのアプローチや車庫の仕上げは、参考になります。ガレージの作り方やシャッターの種類なんかもイメージするのは、大変重要なパーツなので参考にさせていただけるお家が沢山ありました。建築地周辺の環境は、クローズ外構が主流なので、お施主様の住いもクローズ外構を工夫したいと思います。ガレージの作り方と玄関ドアを見せない玄関周りの作り方、外壁とのつながりやアクセントウオールとのつながりをイメージできるようにしなければいけません。芦屋の浜方面で、オープン外構の中からのエッセンスをどのように活用すればよいかをイメージしていただきました。その後、山手の岩園方面に行き、道路から高低差のある住いや高級住宅特有のクローズ外構の作り方を説明しながら、実際の住いをご覧いただきました。住いの規模や敷地の大きさはいろいろでしたが、クローズ外構の基本的なパターンを認識いただくことができたご様子でした。

この後、ミサワホームとの打ち合わせがあるとのことなので、その打ち合わせのために、よいイメージをお持ちになれたとのことなので、打ち合わせはスムーズに進むことでしょう。このように、実際に建築物をご覧になることは、いろいろな意味で勉強になり、参考になることが多いと思います。狭い車中での移動ばかりの研学会でしたが、ご自宅の前でのお別れの時にご夫婦ともども、笑顔でいらして、笑顔で見送っていただけたのは、大変うれしく幸せでした。きっと、よい外構計画ができたと思います。

台風が来ている雨と雨との間のお天気の中での研学会、今回もお施主様と沢山のお話ができて、楽しい時間を過ごせました。今回のお施主様、私の命の恩人のお医者様なんです。手術をしていただいて、元気に今、仕事をさせていただいているのも、お施主様のおかげなんですね。ありがとうございます。今回、建築をお世話させていただいているお医者様の3名の方々が私の病気を治していただいた命の恩人です。微力ですが、お力になれていることを感じることができているのが、大変幸せです。

お施主様のように幸せな住いをお持ちになられる方々を沢山お世話させていただくことが、先生方への恩返しになると思っています。これからもよろしくお願いいたします。


マイホームを人生最大の衝動買いにしてはいけません。
相談できる人がいることを知ってください。
知らないと後悔することが沢山あります。詳しくはホームページをご覧いただき、
メールか電話でお知らせください。

「失敗しない住まいづくり」 オカモト企画

ヤフーロコ;オカモト企画のページ





住まいの知恵袋 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。