昨日、日本TVで、グラチャンバレー日本vsブラジルをやっていた。前触れのCMで、狩野舞子が、栗原恵、木村沙織といっしょに出ていたので楽しみにしていたんだけど、ぜんぜん姿形さえ見られなかった。どうしちゃんたんだろうね。またケガなのか?韓国戦の冒頭にでも説明があったのだろうか?まことに残念至極。なんと言っても、日本人のビジュアル系アスリートとして今やナンバー1と思われるほどの彼女が出ていないとは・・・・・なにかを入れ忘れたコーヒーのようなものだ。と言ってしまうと、他の選手たちには申し訳ないかなあ・・・・
 
 試合は、結局世界ランクナンバー1のブラジルにセットカウント、1-3で敗退したけれど、点数の差が以前ほど開かず、かなりの接戦にもちこんだのだからすごい。あの中国より強いと言われるブラジルにこれほどの勝負ができるようになったとは。

 今回、これまでに代表で候補にさえならなかったような選手が大活躍しているのを目の当たりにして、日本の女子バレーってかなりレベルが高いんじゃないかって思えてきた。全日本代表だけが、特別にすごい選手でなく、トップのVリーグでやっている選手たちそのもののレベルが高いから、いろんなチームから掘り出し?ものの選手が集まってくる。こういうのは、以前にはなかったんじゃないかな。大体、最強チームから半数以上、あとは2番手から少し、それ以外は、1人かゼロって感じじゃなかったかなあ。たしか東京オリンピックなんかは、1人だけのぞいて全員日立だったような気がする。(といっても見てないけど)

 話は、それるけど日本の女子バレー選手の登録身長は、多分逆サバがけっこう多いような気がしないだろうか。正確に申告してるのは、狩野舞子くらいか、あと最近急に登録身長が3cm伸びた木村沙織くらいか。
 以前、仕事の関係で、前の全日本女子チームのキャプテン、吉原知子さんにまじかに接するる機会があった。そのとき、いや驚いたのなんのって!!全然TVで見る印象とは違うから。
 まず身長、公称180(ときどき182と登録したこともある)の身長は、182.5cmくらいだった。TVでプレーを見てると、きわめてありふれた日本人体型みたいに見えるけれど、実物は日本人離れしたすんばらしいスタイルの持ち主でした。たぶんやせていたら、モデルでも通用するくらい。びっくりするほどリーチが長くて、女性では、ありえないほど股の付け根が高い(足が長い!)さすがにやや筋肉質の体型ではあるけれど、出るところは、ちゃんと落ちずに出て、なんともまあ、女性的魅力のある体つきだろうかと正直衝撃を食いましたわ。加えてお顔のほうも、これまたTVで見るようなごっつい印象はほとんどなく、ちょっとした美人の体育の先生って感じ・・・・

 いやあ実物とTVで見るのとでは、こんなに印象が違うものですかね。それにしても底の浅い男性用みたいな靴はいててあの身長、あのスタイルとは・・・・
 他の選手たちは、一体どれほど異次元の体つきの持ち主なんだろうかと思わずにはいられない。たぶん、多くの選手が最低2~3cmくらい身長を逆サバ読んでるんじゃないかなあ。
 大林素子さんとか、吉原さんよりさらに2~3cm、明らかに背が高いのに高校時代から182cmで通していたし、約190cmと言われるメグもマホ(宝来選手)さんも187になっているんだから。女子でさえ実寸よりもサバ読みするのが普通の外国選手にくらべて、なんてけなげな乙女ごころなんでしょうか・・・・
 極め付きは、女子最高身長だった河村めぐみさんでしょう。代表候補合宿で勢ぞろいしてる写真見たら、メグカナさんたちより、明らかに10cmくらい高かったですから193cmなんて身長じゃ、絶対ないですよ。たぶん。
 


$いっやあ、どうなってるのかなあ??
$いっやあ、どうなってるのかなあ??

 狩野選手は、バク宙が得意ってことらしいんですが、見てみたいですね~ラブラブ