泥の沼

テーマ:

義妹一家の騒動については、その後我が家に対しては義母からも義妹からも義妹の子供達からも連絡はなく、とりあえず我が家はいつも通りの日々です。

 

ただ、夫と私は夜になると二人で「さてどうなるのか」という話は交わしますし、義妹の子供達のことは心配で。

(何度も書いていますが、子供は親を選べませんので)

 

私は「世の中にはいろんな人がいるけれど、こういう人もいるのが現実なのだ」と改めて様々な事を考える機会となっていますし、義妹を「実の妹」として持つ夫としては、私以上に苦しい部分があるようです。

(過去に様々な事が起こりすぎていますから、既に夫は実家の面々も義妹も大嫌いですし絶縁の姿勢もかなり強く見せていますが、、、、だからこそ、そういった人間たちと血の繋がりがある自分に対して苦悩する。それは私も同じことで、実母や実父の人となりを思い出しては悩み苦しむので、夫の気持ちは共感できますし、微力ではあるかもしれませんが寄り添うことも出来ると思います)

 

 

義妹の事はもちろんですが、夫と私は義妹夫の事も信用していない部分がありますので、

(以前義妹夫が私に対して「男女の関係になってもらえないか」と言って来たことがありますし、私はそれを思い出すだけで不快で、夫も同様。ただ、深く考えればそんな「義妹夫の非常識な言動」は、長年妻である義妹から酷い言動をぶつけられ続け、更に義妹が家事も育児もまともにせずに不倫三昧だったことが原因だったことで義妹夫がそこまで追い込まれてしまったのかもしれないと想像もできますが、それでも、いい大人であり妻と子供を抱える人が、対して言葉を交わしたこともない私にそのようなことを口に出したことが、甚だ無責任な気がして私は未だに許容できないのです。でも、そう考えると同時に自分自身の婚外恋愛(不倫)の事を振り返り「人の道を外れた私が、義妹夫に対してそんな苦言を述べる資格があるのか」とも考えるのですが)

 

 

その義妹夫が「子供たちを幸せにする」と発言したという事に関して、私はどうしても疑問を感じてしまいますから、そういった理由から、義妹の子供たちの事が尚更心配にもなるのですが。

 

 

まだ義妹夫本人の話を聞いたわけではありませんし、義妹夫は基本的に真面目な人だということは聞いていますので、もし今回の義妹夫の相手の女性が本当に子供たちを大切にしてくれるならそれはそれで、、、、という考えも私の中にはたまに浮かぶこともありますし、いずれにせよ面倒なことになるのだろうと「今回の件が及ぼす、義妹の子供達に対しての影響」を心配しつつ、ため息をつくばかりです。

 

(ちなみに、義妹と義父に関しては心配する気持ちは起きません。義妹は今まで周囲に対して非常識な言動を繰り返してきましたし、そんな義妹を溺愛して好きなだけお金を与え、甘やかし続けた義父も同罪であると私は考えます)

 

 

 

ただ、今回の騒動に対してあれやこれやと心配や考えることはあっても、私の勝手な意見としては、「義妹夫が行動を起こして良かったのかもしれない」と思うことはあります。

不倫相手の女性を妊娠させたことは「良くないこと」だというのは私も承知していますし、義妹、義妹夫や、そこに「彼らが間違った方向に向かうような口出しと金出し」をしてきた義父と義母であることには改めて怒りを感じることろですが、もし義妹夫がこのまま黙り続けて何もしないままでいたら、今頃義妹家は義妹の望む通り「自分の夫や子供たちと共に、自分の不倫相手(とはいえ相手は義妹が一千万円近く貢いだホストという話なので、それが恋愛や不倫かどうかは疑問)とも同じ家で暮らす計画」が進行していたのでしょうから。

 

 

そう考えると、そんな「異常すぎる展開」になるより、まだ今の展開の方がましなのかな、、、、、という意見も私の中では見えてしまうのですが。

こんなことを考える「私」の「物事に対する常識か非常識かの判断基準」がそもそもおかしいような気もして、今日もいつものように我が家で家事をしながら「しっかりといろんなことを考えて、冷静に過ごそう。私が一番に守るべきは夫と我が子なのだから」とも呟いているところです。

 

 

 

 

これは昨晩の夫との話で聞いたことですが。

 

今回の件を受け、自分の事は棚に上げて「裁判だ訴訟だ」と騒いでいる義妹に対し、義妹夫もそれに対抗する何かしらの動きを起こすようです。(先日の義母からの電話の中で、義母がそんな話をしたらしい)

 

 

それがどんな内容での動きなのかはわかりませんが、義妹夫もそういった訴訟や裁判関係に詳しい知り合いがたくさんいるそうでので、義妹と義妹夫が行く先にあるのは泥の沼のような気がします。