一泊二日、浜松~国立の旅

テーマ:

先月、お供と二人で研修の旅に出かけてきました!


一日目は、パネル工場の見学とその研修です。

場所は天竜スギで有名な天竜地区にある工場です。
パネル工場
元々は近辺の豊富な森林資源をバックに製材工場を中心とし

た林業が専業でしたが、食べて行けず10年程前からパネルの

製造を手掛け、やっと軌道にのってきたそうです。

今年、工場を増設する勢いです!

新潟県にあるYハウスの郷の家のパネルもここで作られています!


構造模型
ビス打ちマシンが特許らしくそこは写真NGですが、模型を使い熱

心に説明してもらいました。組み込まれている断熱材はフェノバボ

ードです。


パネル
パネルに貼る面材はMDFです、枠材は3層のLVLが使われています。

工期短縮・耐震性には優れています、LVL合板の化学物質が無くなれ

ば即採用にしたいところです。


※時々登場の赤シャツが今回お供の どんぐりクロスケ さんです!


二日目は今年より新規採用になりました、次世代ソーラーシステムの

勉強のため、その製造元の国立市へ向かいました。


 

太陽の恵みを最大限利用し冬の昼間は床下蓄熱層から輻射熱で暖め、夜間は薪ストーブ

等で暖まった空気を隅々まで循環させます。家中が温度差の少ない空間になります。


 

夏場の昼間は屋根で暖まった熱を小屋裏などに侵入させないで排出させ、エアコン等の冷

気を隅々まで循環させます。深夜、放射冷却で冷やされた屋根の冷気は取り入れ家中に

循環させます。


パッシブな考えを基本に自然素材の家づくり&呼吸する家づくりを続ける“どんぐりの家 ”に

とても相性の良いシステムと思い本格採用して行きたいと思います。