脳腫瘍といわれて 書き始めて
 
数か月 経過します
 
文章と写真でどんな症状なのか 分かりにくいと思い
 
動画を探しました  * 部屋の散らかり具合はご容赦ください *
 
より正確な症状を知ってもらい 
 
皆様の大事なご家族に早い診断や処置が出来れば 
 
このブログを始めた意味があるのではないでしょうか
 
現在 確認出来るもののみの投稿になります
 
 
* 2018 / 7月中旬 予兆 *
 
 
 
隣で座っているちょびが
 

何も無いのに 小さく震えだし

 

ヒックヒックとしゃっくりに似た様な仕草をした後

 

   * この後 録画をしました 

* 動画は短いですが 実際はもっと長いです

 

辺りを見回し 身体を低くし オロオロと怯える

 

突然 回りだし 部屋の隅に後退りした。

 

驚いたmamaが声をかけると

 

mamaを見て怯え 尾っぽを下にしてガタガタと震える。

 

鼻先を舐め おどおどし

 

抱き上げようとするmamaから逃げ回るなど 異常な行動をみせた。

 

( この時 台所のガチャガチャとした音に かなり反応したと思います )

 

 

 

この行動は 散歩中もありましたが

 

度々出るものではありませんでした

 

6~7月の2か月間で 本当に数える位です

 

但し 上記の行動は 休日 丸一日 一緒にいて

 

偶々 撮影出来たので 仕事で誰もいない時間に

 

出ていた可能性はあります

 

 

 

散歩中は 横をついて歩くと言うより

 

ついて走った時に バタバタ や ペタペタ と鳴る音に反応して

( 要は頭に響く音なのでしょうか? )

 

動けなくなり 上記の行動になりました

 

『 キャン 』と 鳴いてから この行動をすることもあり

 

その当時 生まれつきの両後ろ足( 膝蓋骨脱臼のグレード3 )の痛みのせいと

 

皆、思っていました

            ➡脳腫瘍といわれて 【 始まり ~ 現在まで ① 】

 

 

この頃 食欲が無いのも 夏の暑さのせいだと思っていました

 

 
怯えた行動の後
 
部屋の場合は 慌てて自分の小屋に逃げ込みます
 
散歩中は 震えた後 空を見上げキョロキョロし
 
突然 その場から逃げようと走り出す事もありました

 

逃げた時は 一時 mamaの傍に寄る事はありませんでした

( 性格が変わるのは 脳腫瘍の特徴だそうです )

 

mamaが心配して声を掛けながら 傍に寄りますが

 

震えながら激しく右往左往して 逃げようとする為 

 

物にぶつかったり落ちたりと 怪我をする恐れがありました

 

しかし 数時間後は元に戻っています

 

この時点で受診しましたが

 

はっきりとした答えはありませんでした

 

             ➡脳腫瘍といわれて 【 始まり ~ 現在まで ➆ 】

この1ヶ月後

 

 

MRIにて 腫瘍が確認されました

 

こんなに大きな腫瘍があっても 

 

わんこは普通に生活してしまいます

 

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

この状況で受診しても 判断は難しいと 

 

今の🌟病院の先生はおっしゃっていました

 

日時が不順になりますが 動画を見つけ次第 都度アップしていきます

 

皆様も お気づきの症状があれば お早めに主治医の先生にご相談してください