このブログでは、これまで、拳銃や自動小銃で武装した、武装警備兵の配置や、

いじめの被害者の護身用の拳銃の携帯を主張してきました。

そこで武装した学校の構成員のために必要なのが、訓練のための射撃場です。

普段から射撃を行って訓練をしないと、いざというときにいじめの加害者を射殺できません。

また、いじめの被害者に体育の授業を受けさせるためにも射撃場は必要です。

体育の授業はいじめの温床です。

そこでいじめの被害者は、射撃場で射撃の訓練を行えば、体育の単位が与えられるようにするのです。

教育現場の武装化により、学校を銃社会にすることは、いじめを防止するためのやむを得ない策ですが、

そこから、いじめの被害者が世界的な射撃の選手に成長すれば、一石二鳥です。