グローレFWとの戦い アッタスMB FW | ☆ぐりにっじごるふ☆の見た目勝負(-。-)y-゜゜゜

☆ぐりにっじごるふ☆の見た目勝負(-。-)y-゜゜゜

多摩市関戸にあるゴルフショップ(ゴルフ工房)の
ゴメス(-"-)です。。
ゴルフの事からくだらない事まで・・・
たまに真面目な事を書きます、、。

こんにちわ。

久々やりだしたら、やろっかなと思いまして。

でも、前と同じテイストでやっても面白いかどうか。。

結果そーなるとは思うんですけど。


ゴメスです(-"-)


さて、こちら

ATTAS MB FW 4X/5X

ヘッドが


SIM GLORE

3/5/7 ですね。

スピン量が多くで前に進む球が出ないお客様で、ピンとどっちにしようか悩んだ結果、こっちに決めた。

なぜか?

ドライバーがSIM2だか笑

で、ですね。

皆さんからすると見えないモノ。

それがヘッド重量。

日本向けの優しいモノってヘッドが軽く作られてるモノが多いんです。

知ってる人は知ってるし、知らない人は知らない。

このヘッドは205 210 215のフロー。

ちなみに最近の平均は210 215 220 重めで215 220 225かな?

同じ番手で10g差があったりしちゃう訳ですね。

しかもこのお客様は練習量も豊富でラウンド数も多いんです。

て、なるとヘッドがアンダースペック。

でも、重くなるとスピードが乗ってこないのと頑張って振ってチーの神降臨の気配漂うお客様。

と、なると軽め硬めで勝負となるのですが、ヘッド重量問題を残したまま時間もなくまず組んで様子を見る事に。

結果、少しヘッドの入れ方(スイング軸)を調整してもらいましたが使える武器に。

でも、本来はスイング調整無しで打てるのがベストなので、どっかの段階でヘッド重量の調整をしたいと思ってます。


あ、写真の向き…

顔もそろえて挿しているので統一感も出てます。

ヘッド重量いじる時は、抜いて短くなる分はチップカットのイメージです。

クラブは納品して終わりではなく、その先まで考えて納品するスタイル。

さて、末永く使ってあげてください。

ありがとうございました😊