日本シャフト N.S.950GH neo たまたま打ちました | ☆ぐりにっじごるふ☆の見た目勝負(-。-)y-゜゜゜

☆ぐりにっじごるふ☆の見た目勝負(-。-)y-゜゜゜

多摩市関戸にあるゴルフショップ(ゴルフ工房)の
ゴメス(-"-)です。。
ゴルフの事からくだらない事まで・・・
たまに真面目な事を書きます、、。

こんにちわ。

今日三発目。

忙しいと、色々ヤル気になっちゃって手を出しまくる仕事が出来ないタイプの典型…


ゴメスです(-"-)


さて、題名の通り9月発売の950GH neo。

みんな 950はさぁー とかいうくせに気になってる人多いというシャフトw

(-"-)の950感をお伝えすると硬い、中だけ緩い。

打ち込むとグニャッとする。

払うとかなり拾いやすい。

グニャッからのバン!

と、いう感想です。

同じような感じの方だと理解してもらいやすいかもです。

基本ココとの比較で感想文やってきます。


これが見た目。

昔、ゴルフの道具で緑ってダメなんだよねーって聞いた事ありますw

とりあえずなんて書いてある分かりづらいww

目立たなくて良いと思いますけどね。

さて、感想文。

まず、950GHにあったグニャッ感がスパーン感に変わったというのが第一印象。

多分、先端の動きが走るようになってるんだと思います。

リーディングエッジが刺さらなそうというか抜けそうな感じ。

もうちょい言うと、先端が伸びる感じ。

しなる部分もど中間というより、それより少しだけ、ほんの少しだけ手元からグッと動いてスパーンと抜ける。

手首使う人だとかなり打ちやすいでしょうね。

今のヘッドに合わせた設計とか書いてあったと思うんですけど、払うより打ち込みに行ったら払ってくれる感じ。

バランスの出し方次第で、手元っぽくも出来そうなシャフト。

これは950GH同様万人ウケしそうな感じがします。

あれどう思う?って聞かれたら、上記の返答になります笑笑

UTとかかなり面白そうです。

はい、この拙い文章で理解できる方だけなんとなく掴んでくださいませませm(_ _)m