どうも栗きんとんです 

いつも遊びに来てくださりありがとうございます。

 

はじめましての方はこちらから

 

 

自己肯定感の記事を多くの方に読んでいただき

ありがとうございます。とっても悲しくて辛いことも

多い記事になってますが

娘ツキは頑張っていることが、描けたらと思っています。

 

 

同じように辛い思いをされている方が

こちらを読み少しでも支えになることが

できたら、うれしいです。

 

アメトピに掲載してくださいました。

スタッフの皆様ありがとうございます。m(__)m

 

 

 

----------------------------------

 

続きものを描いています。

まだ夏休み前のお話…。

 

 
 
ツキが、教室に入れなかったり、
ベランダに出たり(出てません)した行動について
クラスのみんなに先生からお話しが、ありました。
 
 
 
 
 
 
 
異常な行動って…
その言い方は悲しい…。

と思いつつも、こんな風に伝えられてしまうのは
ツキのとった行動によるものだから
迷惑をかけてるからと…心の中では親としての
責任がグルグルとまわっていました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私、以前もお話ししましたが
教室という場所の中心となる大人は
言葉に大きな重みをもって伝えてほしいと願っているんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仮にですが…先生の言葉は三年生にはまだ絶対です。(きっと)
 
みんなツキに話しかけなくなるでしょう…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気になる子は、家に持ち帰って話すのではないでしょうか…。
 
 
 
 
 
 
ツキのイメージはきっと変わっていきます。
大人の言葉は、重みがあります。
 
チキの時にそんな経験があるから考えてしまうのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何度も何度も、周りには話さないで、なんとかしていく
なんとか支えていくと決めていました。
 
しかし、優しいツキのイメージをつぶすことだけは
避けたかったのです。
少しでもツキのことを好きでいてくれる人には
連絡をしました。
 
続きます。
 
…長すぎるんだよ!って思った方もいるかもしれません。
はい。まとめるのが苦手&色々ありすぎたんです。
ごめんなさい。
&チキ元気です。