昨日の夕食。
{9B9393FE-4128-4C3E-AE7F-6F0315593F8D}

妊婦食だからかデザートが3つ!
夕食は18時なので、プチホットケーキは寝る前にいただきました。
おかずも多く、毎回白米が完食できません滝汗
もともと薄味好きなので、物足りなさは感じないです。汁物は家より味が濃いこともあるくらい。
ただ辛いものや麺類が恋しくなりますガーン
病院の近くに美味しい汁なし担々麺のお店があるんですチーン
{EF6494BD-9C49-4AF7-8A03-675321C09A74}
食べたい、食べたい…。

 

今日も暇な入院生活なので切迫流産についてまとめておきます。







クローバー気付かなかった子宮頸管長短縮クローバー
出血があり1/30(8w)〜2/12(10w)まで入院。
その後2/20(11w)まで自宅安静。この日の診察で問題がなかったので安静解除。無理しない程度に日常生活に戻って良いと言われる。

2/26(12w)の健診で経膣エコー。
赤ちゃんも子宮頸管も問題なし。

3/27(16w)の健診から経腹エコー。
赤ちゃん問題なし。お腹からなのでこの時は頸管長は測らず。4月(18w)の飛行機&新幹線利用の里帰り許可も出る。

と、インスリン抵抗性の異常を除いては退院後の経過はわりと順調だった。

安静も解除されていたので、無理をしない程度にウォーキングもしていた。





クローバー糖尿病内科受診クローバー
3/27(16w)の翌日、糖尿病専門医がいる糖尿病内科にかかることにした。
産婦人科の主治医は妊娠中の今できることはないと言っていたが、やはり不安もあった。そしてずっと気になっていることもあった。
血液検査の結果を持って受診。


●妊婦健診でインスリン異常が出た
●この数値はどの程度の状態なのか、今後どのようなリスクが考えられるか
●妊娠中なので積極的な治療は出来ないと思うが、生活の中で出来ることはないか

そして一番気になっていたこと
●切迫流産による入院と安静、そしてブドウ糖の点滴。それが数値に影響した可能性は考えられるか
これらのことを質問した。




医師からは
●確かにインスリン量は多いが、妊娠で抵抗性が強まることはある
●安静にしていたこととブドウ糖の影響は大いに考えられるだろう
●どうしても気になるようなら産後に念のため再検査する程度で大丈夫だろう
●今できることは食事の際に野菜から食べて血糖値の上昇を緩やかにすること、体調に問題なければウォーキングをすること
と言われる。


やっぱり!!!!!
安静と点滴の影響はあったんだ!




クローバーウォーキングと切迫流産クローバー
安静が解除されてから1日15分、調子が良い時は30分程のウォーキングをしていた。
糖尿病内科にかかってからは特に意識して歩くようになっていた。
夫と犬の散歩に行ったり、公園をゆっくり歩いたり、お花見に行ったり。

きっとそのことが頸管に負担をかけて短くしてしまったんだろう、と思う。

糖尿病が怖かった。少しでも膵臓に負担をかけないようにしたかった。
安静も解除されていたし、運動制限もなく、経過も順調だった。


安定期に入ったし大丈夫!動くことも大切!歩くことで血流が良くなれば赤ちゃんのためにも良いと思って、動き過ぎてしまったのだと思う。


あの日の出血は赤ちゃんからの
「ママ、危ないよ!ちょっと動き過ぎかもね。休もうよ。」のメッセージだったのだと思う。


安産のために、赤ちゃんのためにと思ってしていたことが結果赤ちゃんを危険にさらしてしまった。





(頸管長は個人差があるので、ウォーキングが悪いとか切迫流産の原因になるとかではありません。私の場合はこうだったというだけなので誤解のないようお願いしますショボーン)